FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
カテゴリー  [ 在日新聞 ]

【毎日新聞】韓国人留学生「京都の土産物店で旭日旗が売られていた。韓国には不快な思いをする人がいる。その事を日本人は知って欲しい」

1 :そーきそばΦ ★:2013/08/06(火) 23:48:04.89 ID:???0
「日本は核武装するぞ」。平和の祈りに包まれた町に、過激なシュプレヒコールが響いた。昨年8月6日午後、広島市内の商店街。韓国・高麗大の金スルギさん(24)は、在日コリアン排斥を掲げる団体のヘイトスピーチに見入った。韓国のテレビでも、同じ団体のデモを見た。激しい感情がどこから来るのか分からなかった。一緒にいた日本人学生は、謝るばかりだった。

 ヘイトスピーチが盛んだった大阪・鶴橋では、今春から地元の在日団体が「週末にデモを開催する」と申請し続けている。先に場所を押さえ、デモを封じ込めるためだ。

 それでも、ヘイトスピーチはなくならない。デモに反対する大阪市生野区出身の在日3世、申靖英(しんやすひで)さん(41)は、参加者に対話を呼び掛け、4人と酒を酌み交わした。やめてほしいと伝えたかったが、「愛国心」を理由に正当化された。

 高麗大の金さんは韓国の釜山で生まれ育った。学校で日本の侵略や植民地支配について教わり、級友と「日本はひどい国だね」と話した。家では日本のアニメ「セーラームーン」やドラマ「ごくせん」が楽しみだった。外国語高校で日本語を専攻。日本のバラエティー番組を見て言葉を覚えた。太宰治や村上春樹さんの小説に親しみ、日本にひかれていった。

 大学で日韓の高校の歴史教科書を読み比べた。韓国は日本を責めるばかりで、日本は加害の歴史を隠す。そんな印象を抱いた。

ソース 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20130806ddm041040035000c2.html

2 :そーきそばΦ ★:2013/08/06(火) 23:48:11.73 ID:???0
 広島でデモに遭遇した時、被爆してから祖国に戻った韓国人被爆者の問題や、日韓関係を議論する両国の学生のツアーに参加していた。平和記念式典や韓国人犠牲者の慰霊祭にも参列した。

 過激なデモをするのはごく一部の人だと分かっている。悲観はしていない。「歴史は誰かを責めるために学ぶのではない。過誤をもとにより良い未来を作るためだ」。ツアーの感想文にそう書いた。

 京都の大学に留学したこの春、清水寺を訪ねた。韓国や中国から来た多くの観光客とすれ違った。土産物屋の店頭で「神風」「特攻」と書かれた旭日旗(きょくじつき)が売られていた。韓国では、旭日旗は日本の植民地支配の象徴と受け止められる。驚いて足を止め、写真をフェイスブックに載せた。

「韓国人にとって旭日旗が何を意味するのか、土産物店主は知らないと思う」。日本の友人に、そう言われた。知らないからといっても、韓国には不快な思いをする人がいる。そのことを、日本の人たちにも知ってほしい。


 6月に京都の呉服店で、祇園祭に着て行く浴衣を買った。黒地にアイボリーとピンクのボタンの花。ホストファミリーが「日本らしい」と勧めてくれた。

 植民地支配を体験した世代が少なくなる中で育った。自分たちの世代こそ、アジアの関係を変えていかなければならない。そのための答えを今、探している。(終)
[ 2013/08/08 02:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(1)

【毎日新聞】「戦争は絶対に駄目だ」広島平和学習、被爆電車内で在日韓国人のパクさんが原爆の恐ろしさ証言

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/08/06(火) 10:33:38.43 ID:???
原爆投下後も現役で走る広島電鉄の「被爆電車」に乗って被爆者の話を聞く平和学習が4日、広島市内であった。13歳の時、弟、妹と路面電車に乗っていて被爆した在日韓国人、朴南珠(パクナムジュ)さん(80)=西区=が、
「人間の命は尊いというが、原爆で亡くなった命は残酷だった」と原爆の恐ろしさを語った。

 被爆電車での平和学習は毎年、広島平和教育研究所などが広島電鉄の協力で開いている。親子連れなど約70人が参加し、市電の中で約1時間話を聞いた。

 朴さんは、頭や体に電車のガラス片が刺さるなど大けがをした。ひどい傷を負った友達に、配給のキュウリなどをすりつぶして塗り手当したが、多くが亡くなった。「死ぬのを見るのが本当に嫌だった」と振り返り、「当時は正義の戦争だと教わったが、勝っても負けても殺し合いになる戦争は絶対に駄目だ」と力を込めた。

 帰省中の29歳の息子と参加した安芸区の主婦、那須美恵さん(53)は「直接聞く朴さんの話は聞きしに勝る迫力だった。経験を語り得る方が少なくなった今、話を聞けてよかった」と話した。【加藤結花】

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20130805ddlk34040303000c.html
[ 2013/08/07 14:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(8)

【毎日新聞】最近はビールの苦さが苦手という若者が増えている 「若い時に苦い思いをして大人になるんだ」と説教もしたくなる

1 :そーきそばΦ ★:2013/06/28(金) 02:43:10.46 ID:???0
 幕末に西欧の日用品を図入りで紹介した福沢諭吉(ふくざわ・ゆきち)の「西洋衣食住」は酒類も取り上げている。食事の際のワインやシェリー、祝宴のシャンパン、食後のブランデーなどが簡単に紹介される中、「ビィール」にはちょっと詳しい説明がある▲「これは麦酒にて、その味いたって苦けれど、胸膈(きょうかく)を開くために妙なり。また人々の性分(しょうぶん)により、その苦き味を賞翫(しょうがん)して飲む人も多し」。咸臨丸(かんりんまる)での渡米の際に初めてビールを飲んだだろう諭吉には苦さの印象が強烈だったらしい。ことさら苦みの効用を説いている

▲後の時代の諭吉は蒸し暑い日本の夏に飲む冷えたビールはまた格別なことを知ったろう。ビール好きにはうれしい季節がやってきたが、ただ昨今は店に入るなり「とりあえずビール!」という人が減ったそうだ。どうやら若い世代の「性分」の変化によるものらしい

▲ビールの苦みは原料のホップによるものだが、最近はこの苦みが苦手という若者たちが増えているという。いきおい若い世代のビール離れが進み、近年のビール需要全体の落ち込みを招いている。メーカー側もこの若者たちの嗜好(しこう)に合わせた新製品開発に懸命という

▲こう聞けば、最初は苦さに顔をしかめ、やがて先輩の「とりあえずビール」につき合いつつ「大人の味」を覚えた世代は説教もしたくなる。「君、『若』と『苦』は似てるだろ、若い時に苦い思いをして大人になるんだ」……まあ迷惑顔で、あきれられるだけだろう

▲ビールの苦さを「賞翫」するのが成人儀礼だった時代は去ったようだが、さてあの苦みを楽しめずに「胸膈」は開けるのか。いや、これも大きなお世話か。


毎日新聞 2013年06月28日 00時10分(最終更新 06月28日 00時10分)
http://mainichi.jp/opinion/news/20130628k0000m070099000c.html
[ 2013/06/29 10:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(11)

【毎日新聞】 「左翼のクソども…復興庁幹部の暴言に怒ったのは、むしろ被災者支援や復興に心血注ぐまっとうな公務員だろう」

1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2013/06/14(金) 01:15:39.51 ID:???0 ?PLT(12069)
★余録:おぼしき事言わぬは実にぞ腹ふくるる心地しける…

「おぼしき事言わぬは実(げ)にぞ腹ふくるる心地しける」。史書「大鏡(おおかがみ)」序のこの言葉の後にこうある。「かかればこそ、昔の人はもの言わまほしくなれば穴を掘りては言い入れ侍(はべ)りけめ」。掘った穴の中に腹の中の言いたいことを言ったそうな

▲さて日ごろ「前向きに検討」したり、「さっそく調べて善処」したり、「関係部署と対応を協議」したりする役人である。それぞれ「まず無理だが時間を稼ごう」「話は聞いておく」「私だけの責任じゃありませんよ」という本音を腹に隠していることも珍しくない

▲もしかしたら当人にすれば、腹にたまりにたまった本音を穴へと吐き出しただけのつもりかもしれない。しかしこの「穴」、つぶやけばその言葉が瞬時に全世界に伝わることをまさか知らなかったわけではあるまい。復興庁幹部のツイッターでの暴言騒動の話である

▲聞けばこの幹部、福島県の被災者支援を担当していたという。「今日は懸案が一つ解決。白黒つけずに曖昧(あいまい)なままにしておくことに関係者が同意」とは個人のツイッター上に書き込まれていたつぶやきの一つだ。
「解決=先送り」というみごとなお役人語解説である

▲さらにそのツイッターには「左翼のクソども」といった罵言(ばげん)や、「田舎の町議会」の「余りのアレ具合」への嘲(あざけ)りなど、読むにたえない悪口雑言(あっこうぞうごん)も吐き出されている。それらを投げかけられた関係者が、怒るより先に当惑し、あきれ、悲しんだ役人の腹の中身だった

▲騒動に怒ったのは、むしろ被災者支援や復興に心血を注ぐまっとうな公務員だろう。腹の中まで疑われることになった復興行政の信頼回復は容易でない。


毎日新聞 2013年06月14日 00時42分(最終更新 06月14日 00時46分)
http://mainichi.jp/opinion/news/20130614k0000m070134000c.html
[ 2013/06/15 09:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(4)

【毎日新聞】 榊原雅晴「新聞=お豆腐論…毎朝届く新聞は本当は日々新しい。しかも安くて栄養たっぷりなところはお豆腐そっくり」

1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2013/05/30(木) 17:29:31.50 ID:???0 ?PLT(12069)
★発信箱:豆腐と狂言と新聞と=榊原雅晴

先ごろ93歳で天寿を全うした人間国宝の狂言師、茂山千作さんにはことのほか親近感を抱いていた。なにも私が個人的に親しかったとか、狂言に造詣が深いとかいうわけではない。茂山一門の「お豆腐狂言」という言葉にかねて共感を覚えていたからである。

町内の祭りや宴会の余興などどこにでも気軽に出かける茂山一門は「余興に困れば、茂山。おかずに困れば、豆腐。茂山の狂言は、豆腐みたいなもんや」とさんざん皮肉を言われたそうだ。そんな陰口も意に介さず「お豆腐で結構やないか。毎日食べても、飽きずに愛されとる」とたんかを切り、お豆腐主義を家訓としたというから痛快だ。

実は私も「新聞=お豆腐論」をあちこちで触れ回っている。毎朝届く新聞は十年一日のごとく見えるかもしれないが、本当は日々新しい。しかも安くて栄養たっぷりなところはお豆腐そっくり。

こじつければほかにも共通点がある。

古典芸能に接する機会の少ない中学生や高校生のために千作さんは自ら車を運転し、学校で狂言を演じて回ったという。新聞社が今熱心に取り組んでいる出前授業やNIE(教育に新聞を)活動を先取りしているようではないか。

なにより、どちらも反骨と風刺が命である。

「狂言に登場するのは時の権力者ばかり。大名さんとか、殿さんとか、ぼんさん(僧侶)とか、まあ、威張ってはった人です」。それを庶民の視点で笑い飛ばすのが千作さんの真骨頂だった。

新聞記者なら名コラムニストになっていただろう。しかも舞台に登場するだけで周りがパァーッと明るくなる天性のキャラクター。こればかりはおいそれと、まねができない。(京都支局)

毎日新聞 2013年05月30日 大阪朝刊
http://mainichi.jp/opinion/news/20130530ddn005070070000c.html
[ 2013/05/31 14:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(13)

【毎日新聞】「良い法になるよう意見を」在日韓国人2.5世の崔栄繁さんら障害者40人、障害者差別解消法案成立求め集会-仙台

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/05/27(月) 13:48:09.14 ID:???
障害を理由とした差別をなくすことを目指す政府の障害者差別解消法案が国会に提出されたことを受け、同法の早期成立を求める緊急集会が26日、仙台市青葉区の市福祉プラザで開かれ、障害者ら約40人が参加した

 同法成立に向け活動してきたDPI日本会議(東京都千代田区)の事務局員、崔栄繁(たかのり)さんが同法の内容を紹介=写真。障害者を取り巻く障壁を除去するよう、行政機関には法的義務が課されるが、民間業者は努力義務にとどまることを説明した。

 今国会で成立しても施行は3年後で、施行3年後には法の見直しも行われるといい、崔さんは「より良い法律になるよう意見を出し続けていくべきだ」と訴えた。【竹田直人】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000085-mailo-l04
[ 2013/05/28 14:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(3)

【毎日新聞】「大阪城は韓国人修学旅行生の『また来たい観光地』1位」-雨宮処凛氏「憲法9条改正よりピースおおさかの展示が国益」

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/05/25(土) 08:23:04.53 ID:???
作家の雨宮処凛さん(38)が関西中心に各地を歩き、暮らしの中の憲法を気楽に考えるこの連載。今回は、憲法の「本丸」第9条の戦争放棄についてだ。先月の四天王寺と新世界に続き、大阪の象徴的な場所へ行きたいところ。実は、大阪城周辺は「先の戦争」との縁も深い。雨宮さんと散策した。【鈴木英生、写真・三浦博之】

◆第9条

(略)戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 2(略)陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

晴天の日曜正午過ぎ、大阪城公園内はピースおおさか(大阪国際平和センター)前である。

出迎えた同館の岡野詩子さん(32)が「この一帯は戦前、東洋最大の軍事工場だった大阪砲兵工廠(こうしょう)(後に造兵廠大阪工廠)でした。ピースは、その跡地から平和を発信する博物館です」と解説する。

館に入ると、すぐ大阪空襲の展示が目に飛び込む。体験者の絵は、B29爆撃機が空を埋め尽くし、地上では頭の取れた赤ん坊を背負って母親が逃げる。雨宮さん、言葉を失う。大阪空襲までの経緯を説く部屋もある。日本軍の中国爆撃や南京事件の死体写真で、加害の歴史が分かる。

最近、加害の展示が批判を受けるなどしてリニューアル計画もある。今春就任した岡田重信館長(60)は「空襲にもっと焦点をあてつつ、戦後の復興を解説して未来志向に。小中高校生が来館者の7割なので、分かりやすくできれば」。雨宮さんは「こんなちゃんとした平和博物館、東京にもない。ここに来られる大阪の子って恵まれてる。今の展示も全部残せればいいのに」。

館長は「今は展示が一部ショッキングですから、今後、子供がストレスを受けない内容にできれば」とも。雨宮さんは「ショッキングなくらいでいい気も。子供の頃、『はだしのゲン』の映画を見て、3日間は怖くて寝られなかった。だから『戦争はダメ』って思うようになったけど」。

ピースから公園内を西に歩く。戦跡研究者の高校教諭、塚崎昌之さん(56)が同行してくれた。中国人や韓国人の団体が、ぞろぞろ天守閣へ。塚崎さんは「海外の人は、ピースに来ると『過去をちゃんと反省してる』って日本を見直しますよ。でも、外国人は入館者の4%だけ」。「観光客に今の展示を見せる方が、9条をいじるより『国益』的にもお得じゃないかなあ」と雨宮さん。

公園の西端に巨大な何かが見えた。室戸台風(1934年)の犠牲者追悼をきっかけに建立された教育塔という慰霊塔で、高さ30メートルのコンクリート製だ。塚崎さんが「植民地教育をした人らもまつっていて、『教育の靖国神社だ』と批判がある」。今も、学校活動中に亡くなった先生や児童生徒を合祀(ごうし)する。O157の被害者もまつった。雨宮さんは「戦争関係者以外もまつるんじゃ、単純な否定もしにくいですね。ここがよりどころの遺族もいるだろうし……」。

天守閣に到着。最上階で大阪市内を一望する。ビルの谷間に通天閣がかすむ。階下では、城の歴史を展示する。浄土真宗の拠点として蓮如が作った石山本願寺を織田信長が滅ぼし(1580年)、跡地に豊臣秀吉が建てた大坂城は大坂夏の陣で焼け(1615年)、徳川幕府が天守閣などを再建しても落雷でまた焼けた(65年)。雨宮さんがぼそり、「ずっと、人が死に続けたんだ」。1931年、当時の関一市長が再建した。

館内は、中国語や韓国語ばかり聞こえる。秀吉は朝鮮半島に出兵し、中国も侵略したかったが。「でも、人気。韓国の修学旅行生の『また来たい観光地1位』になったり。韓国にある朝鮮出兵の博物館は、うちが協力してますよ」(北川さん)。雨宮さんは「400年前と70年前の戦争とは同列じゃないけど、でも、過去を隠さず今の友好に役立ってることもあるんだ!」。

「犬は昔、軍用で爆弾を背負わされたりしたはず。動物天国な今の大阪城は、ようやく平和の象徴になれたのかも。ずっと、このままでいてほしい」。ちなみに、今の天守閣は82年間焼けていない。看板には「最長記録更新中!」とあった。

http://mainichi.jp/area/news/20130524ddn013040046000c.html
http://mainichi.jp/area/news/20130524ddn013040046000c2.html
http://mainichi.jp/area/news/20130524ddn013040046000c3.html
[ 2013/05/26 10:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(15)

【毎日新聞】 「毎日新聞の記事の反響は大きかった…安倍人気に乗って一気に進むかと見えた96条改正の流れにブレーキがかかった」

1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2013/05/13(月) 14:55:43.08 ID:???0 ?PLT(12069)
★風知草:最近「96条」攻防録=山田孝男

ニュートンいわく、力を加えれば、それと同じ強さの反作用が生ずる。

安倍晋三首相(58)が憲法96条の先行改正へ深く斬り込んだ結果、反論が強く噴き出した。安倍人気に乗って一気に進むかと見えた96条改正の流れにブレーキがかかった。これが連休明けの憲法情勢である。

96条とは何か。日本国憲法の改正手続きだ。衆参両院で、総議員の3分の2以上の賛成がなければ発議できない。さらに国民投票にかけ、過半数の賛成がなければ改正できない。

こんなにガチガチでは永遠に改正できぬ、両院の過半数へ発議のハードルを下げよ??。就任以来、首相は事あるごとにそう訴えてきた。それに対する「反作用」が噴出した一つの節目は4月9日だった。

この日、毎日新聞東京版夕刊「特集ワイド」に憲法学者の小林節・慶大法学部教授(64)が登場、「私は9条改憲論者だが、改正ルール緩和(96条改正)は邪道。立憲主義否定は認められぬ」と批判した。

この記事の反響は大きかった。例年、憲法問題でマスコミの取材に応じてきた小林だが、この記事を境にテレビ・新聞が殺到、「今年は異常な存在感になっちゃった」(小林)。


たちまち反応した読者の一人に自民党の石破茂幹事長(56)がいた。東京・赤坂の議員宿舎で毎日新聞を購読している石破は4月9日午後11時ごろ、帰宅後の習慣で夕刊を広げ、この記事に目を奪われた。

「小林教授に啓発されるところ誠に大」とブログに書き込む一方、国会図書館から96条関連の文献をあるだけ取り寄せた。大学(慶大法)時代に使った清宮四郎の憲法教科書を引っ張り出して読み直した。

清宮四郎(1898?1989)は戦後憲法学界の大御所で、憲法改正理論に関する著作が多い。

毎日新聞 2013年05月13日 東京朝刊
http://mainichi.jp/opinion/news/20130513ddm003070150000c.html

2 :有明省吾ρ ★:2013/05/13(月) 14:55:53.06 ID:???0 ?PLT(12069)
その清宮の孫弟子にあたる石川健治・東大法学部教授(51)が5月3日の朝日新聞朝刊で96条改憲を批判した。いわく??。

「過半数ではなく、3分の2以上を議決の要件とする憲法の規定は改憲発議だけに限らない。国会議員の資格争い、除名、会議の非公開、再議決もそうだ。ただし、他は『出席議員の3分の2以上』であるのに対し、改憲発議だけは『総議員の3分の2以上』で最もハードルが高い」

「他は放置したまま、最も重みのある改憲発議だけを過半数にしてしまえという提案はチグハグではないか。そもそも改正条項の改正は、憲法に拠(よ)って立つ立憲国家への反逆だが、その自覚があるか……」(終わり)

毎日新聞 2013年05月13日 東京朝刊
http://mainichi.jp/opinion/news/20130513ddm003070150000c.html
[ 2013/05/14 14:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(6)

【毎日新聞】 「悪意ある虚報には何とも脆弱なネット社会である。そのなかで信頼される情報を送り出すメディアの責任は重い」

1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2013/04/25(木) 01:26:58.80 ID:???0 ?PLT(12069)
★余録:「米国大統領をめぐる偽情報」「金融市場の混乱」…

「米国大統領をめぐる偽情報」「金融市場の混乱」「AP通信配信記事の捏造(ねつぞう)」の三題噺(さんだいばなし)といえば、南北戦争の最中にもあった。でっち上げられたリンカーン大統領の偽声明がAPの記事を装って配信され、金融市場の混乱を招いたのである

▲犯人はニューヨークの新聞の幹部らで、偽の大統領声明では40万人の追加徴兵をうたっていた。彼らは金の高騰を狙って虚報を仕掛け、新聞各紙の締め切り間際に偽原稿を届ける手のこみようだった。狙い通りに相場は動いたが、ほどなく悪事が露見して逮捕される

▲偽情報には激怒したリンカーンだったが、実はひそかに30万の追加徴兵を決めていた彼にとって騒ぎは渡りに船となった。市場の混乱や国民の反応を見定めて本物の大統領声明が出されたのは約2カ月後だった(C・シファキス著「詐欺とペテンの大百科」青土社)

▲さて今回、三つのお題をつないだのはツイッターである。ホワイトハウスでの爆発によりオバマ大統領が負傷したという偽情報がAP通信のツイッターから配信され、株式市場の一時急落をもたらしたのである。何者かによってAPのアカウントが乗っ取られたのだ

▲その後「シリア電子軍」を名乗る犯行声明があった。こちらは過去にも欧米やアラブ系の通信社やテレビ局のツイッターのハッキングを重ねてきた連中のようだ。相場操作の意図のほどは分からないが、現在の市場のコンピューターによる自動売買が混乱を増幅した

▲悪意ある虚報には何とも脆弱(ぜいじゃく)なネット社会である。そのなかで信頼される情報を送り出すメディアの責任は重い。改めてそれを痛感した当世の三題噺だ。

毎日新聞 2013年04月25日 00時36分
http://mainichi.jp/opinion/news/20130425k0000m070132000c.html
[ 2013/04/25 07:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(0)

毎日新聞社員、盗撮の疑い…送検後に釈放

1 :ハマグリのガソリン焼きφ ★:2013/04/02(火) 13:26:47.28 ID:???0
 毎日新聞広告局社員の男(25)(さいたま市北区)が、東京都迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕されていたことが警視庁渋谷署への取材でわかった。

 男は1日に東京区検に送検後、釈放された。容疑を認めたことなどが考慮されたとみられる。


 同署幹部によると、男は3月30日午後3時30分頃、渋谷区内のDVDレンタル店のエスカレーターで、女性のスカート内をスマートフォン(高機能携帯電話)で盗撮した疑い。巡回中の警備員が気付いて取り押さえた。スマホには女性の下着が写った数枚の写真が記録されていたという。

 毎日新聞社社長室広報担当は「社員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を調査しており、厳正に対処する方針です」としている。

読売新聞 4月2日(火)13時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130402-00000721-yom-soci
[ 2013/04/03 14:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(4)
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝