FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

「骨が折れる仕事は嫌です」→「骨折する仕事が嫌なのは当たり前です」…国語活力の衰微、“付ける薬”は読書のみ

1 :諸君(もろきみ)φ ★:2008/09/15(月) 20:21:29 ID:???
 記憶のいい読者なら覚えていようか。本紙の海老沢類記者が「大丈夫か日本語(上)」(平成19年4月3日付)という記事で九州の短大講師の次のような“日本語が通じない現実”の一場面を書いている。ある就職を控えた女子学生が「骨が折れる仕事は嫌です」という文章について、「骨折する仕事が嫌なのは当たり前です」と発言したというのだ。この記事を読んだとき、思わず笑ってしまった。

 だが、記憶違いや誤解に基づく言葉の間違いは誰でも経験することで、それを殊更にあげつらっても意味はない。

 一般的に母語は赤ちゃんが自分を育ててくれている身近な人(普通なら母親)の言葉をマネることによって獲得される。いちいち国語辞典で調べて言葉を覚えるわけではない。マネとは語を表すある音声の並びと、それが用いられる場面を統合し、概念を類推するという言語経験だ。書き言葉なら、文脈を手がかりに未知の語の概念を類推する言語経験である。

 だから、それはいつも曖昧(あいまい)さと、誤解と、誤用にまとわりつかれる。結果的に誰かに指摘されたり、たまたま後からの言語経験によって自ら修正したりするまで間違い続けるということもあり得る。また、言葉というものは、必ず比喩(ひゆ)を通じて概念を広げようとする力が働く。それは厳密に定義づけられている学術語でも例外ではない。

 一旦(いったん)比喩というフィルターを通過すると、場合によっては庇(ひさし)を貸して母屋を乗っ取られる運命を甘受しなくてはならないこともある。語感からの連想による誤用が後に誤用感が薄れて、結果的に概念の遷移に及んだ語もある。「カタハライタシ(傍らいたし)」が「片腹痛い」に変じたのはその一例だ。

 生きた言語というものは常に人々の言語経験総体の中で揉(も)みつ揉まれつしながら、概念の拡大縮小、生成消滅のダイナミズムにさらされるのである。

 ここを直視すると、先の女子学生の頓珍漢な誤解にもし深刻な問題があるとすれば、そこに比喩の消失=概念の収縮現象、従って国語の活力の衰微がうかがえることである。それは、常用漢字に代表される言葉の制限と、メールのような閉鎖系言語回路で時間を浪費することの必然的結果として生じた人々の絶対的な言語経験の不足が相乗的にもたらしたものだ。

 本紙8月23日付の梅田望夫氏のコラム「ウェブ立志篇(へん)」は、水村美苗氏の論文「日本語が亡(ほろ)びるとき」を引きつつ、話し言葉は日本語として残っても、書き言葉は普遍語たる英語に収斂(しゅうれん)されるだろう未来を望見している。市場を握った強勢言語が固有の言語を混成語化し、やがて辺境の地や、下層大衆の日常言語へと追いやられた例もある。

 この人類の歴史的経験に照らせば、今のような無為無策の国語政策を続けていたら、日本語もまた同じ運命をたどるであろう。固有の言語が高度な思考に堪えられぬほど劣化すれば、母語に張り付いている伝統や文化はみな消失してしまう。今や携帯電話の電源を切って、静かに書物に親しむ秋(とき)だ。子供たちには習慣となるまで教育によって読書を強いよ。

ソース(MSN産経ニュース、塩原経央氏)
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080915/edc0809151007000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080915/edc0809151007000-n2.htm
4 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:24:23 ID:vBSE02ue
アスペルガーだと比喩が判らんらしい


5 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:24:54 ID:Y7vPaS7x
折れるというより、断裂するんだ・・・


7 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:27:22 ID:GHgV8hhx
「骨が折れる仕事は嫌です」
この文章にすでに違和感を感じる香具師は挙手



27 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:30:45 ID:qLqlI49G
>>7
「違和感を感じる」という文章に
違和感があります。


8 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:27:50 ID:CIDf9ijd
そりゃあ、女子学生だったからだろ
男子なら小学生だって、骨が折れる危険があたって、野球やサッカーは人気の職業だろ
アホらしい記事


9 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:28:03 ID:oxNs25Ov
いや 実際に 骨は過重が掛かると微細な骨折が起きるんだと そして修復されて太くなる


10 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:28:13 ID:VJywqvRu
現代人ってそこまで無教養なの?


13 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:31:44 ID:jFJK22En
読書は薬ではありません。


14 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:32:36 ID:s19k9rQ3
この女子学生が帰国子女という事は秘密です。


15 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:35:43 ID:keC/aVVp
『猫ふんじゃった』って曲あるじゃないですか。
あれ『(人が)猫をふんでしまった』って意味でとらえるでしょ。
でも最近の子は『猫が何かをふんだ』って思ってるって聞いて唖然とした。



16 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:43:20 ID:GCmY90zG
ウサギおいしい狩野山
小鮒おいしい狩野川
夢は今もめぐりて 忘れ難きふるさと



17 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:45:02 ID:723a1yxY
園遊会で。
昭和天皇「どうです、柔道は骨が折れるでしょ?」
山下泰裕五段「ハイ、骨折しました」


18 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:55:58 ID:R5KXxYcF
こどものころ「青も白い(ほんとは→ああ面白い)虫の声」と思っていましたよ


19 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 20:57:01 ID:LWY07V4r
ラノベゆとり世代乙


20 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:00:27 ID:DM+Bp4ty
国語力をつけるために読書wwww
なんだかなぁ~


22 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:11:35 ID:qWH+SLmi
阿呆か?骨が折れるって慣用句が死語になっただけだろwww


24 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:16:24 ID:idON9+wl
これを世代の移り変わりと見るか
古典教育を疎かにした文化崩壊と見るか
難しいところだ
いずれにせよ政府の介入前の旧仮名使いのほうが日本文化をよく伝えていたことは確実


26 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:27:38 ID:r7Dlo68x
教育委員会のクソ野郎どもが。


28 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:34:38 ID:674O7qKz
サヨク日教組による、日本人弱体、愚民化教育の成果です。
代わりに、在日の教育レベルを日本で向上させようとしてます。


29 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:40:48 ID:Uy+tn5Hf
日本語なんて実用性皆無のクソ言語なんて滅んで当然。


30 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 21:49:43 ID:4l8kser0
「筋骨隆々」という言葉を聞いて「金骨龍々」というのだと思っていた。
オチンチンの骨は龍が空上るみたいな形で入っているのかと。
小学5年の時。
どこかの会社が従業員募集してるのを見て「若干名」と書いてあったので、
若い人千人募集しているのだと思っていた。
これは中学の時。


31 :止まない雨は名無しさん:2008/09/15(月) 21:51:14 ID:kpV+OFMA
('A`)ノ 変だぞ、このネタ。

就職を控えた女子学生は冗談で言ったのではないか?

それを、くそ真面目な海老沢類記者が真に受けたのではないか?


32 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 22:03:10 ID:K2Z6M+7/
ほんと教育現場やばいのかなぁ?
馬鹿ガキどもをどうにかしないとこの国やばくなるぞ


33 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 22:04:02 ID:EedjukNK
読書しろ読書しろ、ってお前は草加のラジオCMか


34 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 22:11:34 ID:qF1UJ6JF
筆者は国語学者なのかな
国語力を持てということか。日本語存亡危機についての一考だと理解した。
だから牽引意図の有無は問わないとしておく。あくまで論考なのだから
腹を立てたり責めるには及ばない。

まとまった含蓄示唆に富む文章だとは思う。(ただし賛否は別)
このくらいの文章力で発言できれば社会的には文句ないだろう。

ただし、研究者でないなら
独習は紙媒体にこだわる必要はいまさら強いてないように思う。

日常はコマーシャル化キャッチコピー化唯物思想化の言葉があたりまえに入ってくる。
そんなのが会話中にありふれているわけだから。
そんなものばかりに反応してても、仕掛け人の思うつぼでおもしろくもなんともない。

外来起源語などは別途注として扱えるくらいの識別力、
結果としての判断力も併せて養いたいとは思う。
デマ化されたものを信じてしまうはめに、なりたくはない。以上もう寝る


36 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 22:54:50 ID:ZrUjb1fV
この話本当なの?

骨折りゾンビのくたびれ儲けみたいな安いネタだよね。


37 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 23:10:38 ID:a3aTcRot
笑えない話だが、
冗談で
「ころすぞーw」って言ったら
「そんなことしたら殺人です」って言われた事ある。


38 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 23:14:24 ID:Vu610nUK
>「骨が折れる仕事は嫌です」という文章について、
>「骨折する仕事が嫌なのは当たり前です」と発言したというのだ。

冗談だろ
会話の流れくらい読めよマスゴミ
当たり前のことをいちいち発言するわけないだろうが


39 :名前をあたえないでください:2008/09/15(月) 23:58:56 ID:w1qp7z0G
冗談かどうかは置いといて、漢字の読めない学生はマジで多い
というか本が読めない。なんでひらがなで書いてる部分まで読み間違えるんだよ


40 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 00:17:58 ID:E+3TwvDf
>>39
ただ単に、音読に慣れてないだけだろ。


41 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 00:33:23 ID:1J/94oQ9
「ソ連」の「連」を「ビエト」と読むと思ってました。


43 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 00:53:30 ID:EEqk7Rr5
>>41
それは日本語能力以前の問題


44 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 01:12:04 ID:+T806mWU
さあ大喜利の始まりです


45 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 02:39:09 ID:uRCa0185
本に逃げるなよ。基本的な慣用句は周りの大人が使ってるなら小さいうちから覚えるもんだし、誰も使わない言葉は古典にでもまかせればいい。


47 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 04:09:43 ID:Wgg8PvLH
前後の会話も書かないで揚げ足取り御苦労さまってやつだな


48 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 04:47:30 ID:hXrcx1Kr
「死んでも生き返る」とか「サンタクロースはいると思う」って答える中学生の話と同じ。


49 :名前をあたえないでください:2008/09/16(火) 10:56:51 ID:l+Kr/q4k
>「骨が折れる仕事は嫌です」→
「骨折する仕事が嫌なのは当たり前です」…

どこぞのマスコミ、圧力団体、政党みたいな
揚げ足取り的な読み方、理解だなw


a_01.gif
↑ランキングに参加中です。
よろしければクリックをお願いします。


三角巾 中 1枚入
[ 2008/09/16 17:09 ] ゆとり | TrackBack(0) | Comment(11)
そんな奴は少数だろうし、どこの国にもいるだろ

まともな職につけるはずがない
よって表にはまず出ない
だから関わりを持つことはありえない
[ 2008/09/16 17:37 ] [ 編集 ]
こんな冗談誰でもついていただろ?
なんで本気にするん?
[ 2008/09/16 17:48 ] [ 編集 ]
この記事自体ユーモアという国語力に欠けてる
[ 2008/09/16 17:51 ] [ 編集 ]
冗談として、「骨折する仕事が嫌なのは当たり前です」てのは面白みに欠けるな。
[ 2008/09/16 18:36 ] [ 編集 ]
そろそろ若者叩きにも飽きてきたんだけど
[ 2008/09/16 18:42 ] [ 編集 ]
足が棒になるとか、足が笑うって言ったら、
足が笑うわけ無い、と真顔で馬鹿にされるんだろうな
[ 2008/09/16 19:08 ] [ 編集 ]
この記事の女子大生っぽく言う気なら
「足が笑ってしまって歩けなかった」

「確かに、大笑いしてたら歩けませんよね」

こうじゃね
[ 2008/09/16 20:52 ] [ 編集 ]
国語力の衰退だって?江戸時代の人間がこの記事読んだらどう思うかね。
言語ってのは時代と共に変遷するものだ。だから、言葉の意味や用法が変化するのは当然であり、それを理解するために古語辞典が編纂されたのだ。
[ 2008/09/16 21:33 ] [ 編集 ]
Yahooの面接ならこの子は受かる
[ 2008/09/17 00:39 ] [ 編集 ]
冗談を冗談と捕らえられない国語力の低下についての問題ですね
[ 2008/09/17 08:32 ] [ 編集 ]
>>15
「ねこふんじゃった」の部分だけなら、そうもとれなくもないな。
まぁ、歌詞全部みると違うってわかるけど。
[ 2008/09/18 09:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝