未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電子化した本は「溶解処分」が必須!!? “自炊代行に関するルール”にユーザーが大反発

1 :英二@まいごφ ★:2013/07/14(日) 13:02:25.22 0
電子書籍の閲覧に適したスマホ・タブレットなどが普及したことで、書籍を裁断・スキャンして電子化する「自炊」が急速に広まっている。自炊にはスキャナーや裁断機などの専用の機器が必要で時間も掛かるため、ユーザーが本を送るだけで電子化を代行してくれる「自炊代行業者」の需要も急増中だ。

自炊代行は著者や出版社などの権利者から批判されており、業務差し止めを求める裁判まで起きた。両者の軋轢を解消するため、権利者の不利益にならない業界ルールの概要が発表されたが、その中に「元となった蔵書は、電子化した後、必ず溶解処理などの方法で廃棄」との一文があったため、ネットユーザーの間で物議を醸している。

今年3月、自炊代行を認めるルール作りを目指し、日本文芸家協会などが幹事を務める「蔵書電子化事業連絡協議会(Myブック変換協議会)」が設立。同6月には自炊代行業者4社が「日本蔵書電子化事業者協会」を発足。両者の間で協議が行われ、6月14日に業界ルールの概要が発表された。

その中で「電子化の許諾対象は個人の蔵書のみとする」「電子化は許諾ベースで行うこととし、同タイトルの書籍についても毎回許諾を受けた上で電子化を行う」「裁断済みの本は受け付けない」といったルールの徹底が示された。これらのルールは、あまりユーザーには関係ないことであるが、前述した「原本を溶かして処分する」という
決まりは利用者に大きく関係してくる。

自炊代行が正式に認められたことを喜ぶ声がある一方、溶解処分についてはネット上で以下のような反発の声も挙がっている。

「自分で買った本も好きに出来ないとか舐めてるでしょ」
「自炊代行に反対してた作家たちは『裁断された本は正視に耐えられない』とか言ってたけど、溶かすのはいいのかよ」
「権利者側は本当に紙の本に愛情があるのかね?」
「そもそも出版社が電子書籍を充実させれば済む話なのに」


くしくも先日、富士通が本を裁断せずにスキャンできる家庭用スキャナー「ScanSnap SV600」を発表したばかり。業者が非破壊型スキャナーを導入すれば、利用者は電子化したうえで原本をそのまま返却してもらうことも選択できる。利用者には本の「所有権」があり、それをどう扱おうと勝手だと考えるのも当然だ。

これについて、Myブック変換協議会の瀬尾太一氏はIT系サイトの座談会で「本を溶かすのはマスト。非破壊であったとしてもこれは同じです」と断言。さらに「今の日本は、本が飽和しているために本が売れないという側面は否めない。デジタル化と同時に本棚を空けることで電子や紙を問わずに新刊の販売を刺激するという経済政策的な意味がある」と説明している。

電子化した本が物質として消滅すれば、本棚が空いて消費者が新たな本を購入するきっかけになるという理屈だ。このメリットがあるため安い金額で自炊代行の許諾を許可するに至ったとも瀬尾氏は語っている。この理屈の根拠は不明であるが、権利者側が代行業者に歩み寄る条件として溶解処分は必要不可欠だったようだ。

また、ルール概要には「電子化されたファイルが私的利用を超えて外部に流出することがないように安全管理措置を講じる」「電子化されたファイルには一定の情報を付す等の処理を行う」とも記されており、ユーザーに渡ったファイルに何らかの利用制限が加えられる可能性もありそうである。

自炊代行が新たな形でスタートしたことで出版業界に革命が起きるとの見方もあるが、利用者を置き去りにしたルール作りに戸惑いの声があるのも事実。うまく軌道に乗ることが出来るのか、今後の成り行きを見守りたい。

ソース:EXドロイド
http://exdroid.jp/d/58829/

2 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:12:50.18 0
一見厳しすぎるが、儲かるうちに儲けろと一部業者が突っ走った結果。
自炊業者が営利でやるならこのくらいしろと。それが気に入らねば…

…自炊は、自炊。自宅で、各自でやること


22 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/07/14(日) 15:53:22.27 0
>>2

その主張は、『溶解しなくても良い』 という結論に起承転結させやすいな ww
 

3 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:19:33.98 0
買った本をネットに無断でUPする自由がほしいニダ!


4 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:21:50.34 0
いいから始めから電子書籍で売れよ
紙がもったいないだろ



14 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 14:24:20.02 0
>>4
そうなんだよね。電子化が遅すぎる。
あと、今auのブックパスがスマートパスとのキャンペーンでスマートパスの
料金だけで読み放題が使えるから利用しているけど、電子版は文字サイズが
変更できるので便利。

ただ、ブックパスの読み放題対象は連続ものの最初の1巻もしくは数冊のみで
残りはお買い上げ対象で、これが紙の新刊と同じときている。ここが気に入らない。
いくらなんでも高すぎるでしょう。少なくともラノベは1回読んだらもういらない。
なので期間制限つきの貸本で十分。もちろん、参考書のようにいつでも読めるように
買い取りたいものもあるのでそちらの選択も欲しい。
#貸本のみとかありえないサービスをした馬鹿会社もありましたが。

価格については、紙代、流通代、その他もろもろの人件費がかかる実体と電子版の価格は差をつけるべき。
著作者にとっては、印税額が変わらなければどんな田舎でもネットのできる環境が
あれば購入される機会の増える電子化のほうが有利だと思いますよ。


5 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:22:39.02 0
電子書籍化元年って掛け声倒れだったね


6 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:29:36.36 O
萌イラストで綺麗な装丁にして紙電2部売れば皆ハッピーだろ


7 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:36:00.62 P
文庫本の方がぜんぜん早いんだもん
待っても待っても一向に電子化されないのもある
やるべきことをやらないで不平ばっかりいってやがる
紙媒体と同時に発売できるようになってから出版社は不平を言うべきだと思う


8 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:37:14.52 0
電子化時代以前の刊行物にまで適用するのか?
もういっそ最初から紙の本を売らなければいい


9 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:38:28.57 0
代行サービスが公認されたら、書店の店頭で買った本を即座に解体、
スキャンし終わったら溶解炉に放り込むということも可能だな
本好きの心にトラウマを残しながら


10 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:56:38.06 O
なんだこりゃ……もう新品の本買うのやめるわ
どうせ速読できる人にとっては10分ちょい立ち読みすればのんびり丸々一冊読めるし
買う時はブックオフとかの古本でいいな


11 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 13:57:15.74 0
溶けない本が開発されるでしょう


12 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 14:11:50.79 0
電子書籍もサービス側が潰れれば買ったのに読めない、機械が壊れれば1冊だけではなく、全ての書籍が読めない
これだけのリスクを利用者だけが負い、原本という保険すら認めないってのはスゲー商売っすわ



13 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 14:17:52.24 0
シュレディンガーの本
・電子化データがあるうちは箱から取り出せない 無理に箱から出すと溶けてしまう
・電子化データが消えると普通の状態で取り出せる


15 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 14:44:14.77 0
マスト(笑)


16 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 14:45:31.32 T
割れ厨とかわんねえだろコイツラ
生きていて愉しいか?


17 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 14:51:21.57 0
そもそも普通の人は「自炊」など必要としないからなあ


18 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 15:01:21.41 0
最初から本形態とデータ形態を売り出し、ユーザーが好きな方を買えるようにする
そうしておいて、出版社以外の取り込みは全面禁止にすればいいだけじゃん
媒体に固執するのは愚かな行為と言わざるを得ないな

俺は本しか要らないが



19 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 15:04:34.02 0
昔は写本とかしかなかったのにいい時代だね


20 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 15:24:00.98 0
よくわかんねーけど
私的複製したCDとかは原則自分が原本を所持したままじゃねーとアカンのとは違うん?


21 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 15:52:44.26 0
 
本気で電子出版をすれば、取次や書店がこの世から無くなるからって全くの及び腰
足かせをつけたままだから前後の脈絡のないその場しのぎの条件ばかり
紙媒体と大して変わらない様な価格設定など、電子書籍はやる気のない証拠


23 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 16:22:46.83 0
メジャーな漫画ならネットに落ちてる


24 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 16:23:31.08 0
買った本を自炊するのは自由だし、面倒くさい人のための代行も商売として成り立つならやったらいい

そこから著作権違反が発生するとかは全く別の問題だよ。起こったときに取り締まるしかない。

異なる二つの問題を一緒に規制できるならハッキング防止のためにパソコンの販売に規制をかけていいことになる


25 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 16:57:46.23 0
本を溶かすっていうとおどろおどろしいけど、要は古紙再生のことでしょ?


26 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 16:58:42.45 0
>1
電子版を紙版と同じペースで、もっと妥当な価格で出せばいいんだよ
原データをちょっと加工して公開するだけなのに遅いし出さねーし出しても全然安くねーし
紙版の半額以下にしても利益出るだろが!
努力もせずに権利ばかり主張すんな!


27 :英二@まいごφ ★:2013/07/14(日) 17:09:20.24 0
書籍を発売

全巻発売終了

電子書籍の発売開始


こんなのが多いですね
同じ客に書籍と電子書籍を両方買って欲しいという思惑があるのかも知れません


28 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 17:23:24.48 0
コピーする人が業者だったら
法律上アウトなんだよ
だから自主ルールなんか作っても結局アウト。

だいたい、高価な本だから電子化するんだから
溶解したがる人はいない


29 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 17:24:02.65 0
歴史的な名本を痛みが激しいので皆に読んでもらえるように電子化しました
「溶解処分がマスト」

ってことだよな


30 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 17:24:24.33 0
個人で購入した本を丸ごと電子化する場合だけの規制だよね?
図書館で借りた本の必要ページだけをPDF化するのはずっと昔からやってるけど、これもNGなのか?



32 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 17:40:33.90 0
>>30
それはOK


31 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 17:27:03.11 0
調べてたら、本を修理する職人ってのがいるんだな。


33 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 19:58:03.96 0
CDはリッピングしたら元CDを所持してなきゃいけないってのと整合性が取れないのでは


34 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 20:06:30.26 0
なるほど、
人が電子化した本のデータコピーしまくっても、元本をとかしちゃったって言えばいいのか


35 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 22:12:19.06 0
コミックでズレの無い見開きページとか
カラーページはフルカラーとか
そういう電子書籍版を出版社が出してくれるなら
むしろそっちが欲しいんだがな


36 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 22:32:53.00 0
もうそろそろ電子書籍の需要も高まってきてるだろうし、出版側ももっと本腰いれて取り組めよ
電子化しないから自炊なんてする必要がでてくるんだろ


37 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 22:48:52.13 O
早く溶解になりたい


38 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 22:59:54.86 0
コミックの電子書籍が増えて自分が持ってたのが売ってたから
自炊止めたわ
背表紙側の糊が残るし、綺麗に切っても印刷字体が曲がってるんだもん
スキャンしてたら読み取り装置のとこに埃がついて線が入ったり
大変だった


39 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 23:04:57.01 O
出版社が電子書籍に消極的なのは伝統的な悪しき商習慣のせい。

書店の数を減らせば減らす程、過去に垂れ流した膨大な債務を一気に返還しなきゃならなくなる。

出版社はひとたまりも無いだろうな。


40 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/14(日) 23:53:37.91 O
違法ダウンロードして、元本は古本屋で買ったが溶かした、何時何処で買ったかは覚えていないでおk?


41 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/15(月) 02:02:31.42 0
>>40
それだ


42 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/07/15(月) 02:09:45.76 0
PC調べられたらDLがバレるんじゃないのか


a_01.gif
↑ランキングに参加中です。
よろしければクリックをお願いします。

電子書籍を売らないから自炊なんて糞面倒なことしてるんだろうが
代行業者まで出てくるほど需要があるということをなぜ理解しない?
[ 2013/07/15 11:20 ] [ 編集 ]
そりゃ電子化なんてごく一部の、自分が進んでるつもりになってる間抜けなヲタが騒いでるだけだからな
商売になる見込みなんてチリほどもないのに誰がするんだと
[ 2013/07/15 11:30 ] [ 編集 ]
CDから何も学んでねぇwwwww
[ 2013/07/15 12:45 ] [ 編集 ]
電子書籍なんて企業が関わるとろくな結果にならないのが目に見えてる。
青空文庫が最強だって何回も言ってるだろ??
[ 2013/07/15 18:25 ] [ 編集 ]
電子書籍は、消費者が電子書籍として買いたい本と、出版社が売ってる本の乖離が激しすぎる気が。
新たな需要を掘り起こそうと言うよりは、出版用データ使い回して小金を稼ごう程度のやる気しか無いと言うか…。

個人的には、昔あった"たのみコム"みたいに、購入者募って一定の需要が見込める絶版本の電子化とかやって欲しい。
古い本の電子化だと新規にデータ作るから割高になるかもしれないけど、それでも古書店でプレミア価格で買うよりはマシだろうし。
[ 2013/07/15 19:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。