FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

GI出走14回 ブルボン世代の名脇役マチカネタンホイザが死亡

1 :ママのφ ★:2013/12/09(月) 22:32:08.43 ID:???0
マチカネタンホイザの死亡について

マチカネタンホイザが2013年12月に死亡したとの連絡がありました。


引退名馬meiba.jp 2013年12月
http://www.meiba.jp/news/view/1429

マチカネタンホイザ
http://www.meiba.jp/horses/view/1989103489
http://db.netkeiba.com/horse/1989103489/
http://homepage3.nifty.com/keiba/data/Matikanetannhauser.html
スポンサーサイト



【産経新聞】「特定秘密保護法」よりも一般人が影響をうける恐れがある「人権擁護法案」を朝日新聞はあんなに成立を急いだのに?

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/09(月) 14:51:00.37 ID:???0
★【酒井充の政界××話】欺瞞とご都合主義に満ちた特定秘密保護法への批判

平成17年の人権擁護法案をめぐる動きも、そうだった。

当時の小泉純一郎政権は、出生や国籍などを理由とした差別、虐待による人権侵害を救済するための適切な救済措置などを目的とした法案を国会に提出しようとした。法案では、人権侵害の定義があいまいで恣意的に運用される余地が大きい上、新設する人権委員会には外国人の就任も可能で、しかも令状なしの捜索といった強制権まであった。

つまり、ある人が「近所の人に人権を侵害された」と訴えれば、一方的に令状なしで強制捜査される可能性があった。これこそ恐怖社会だ。外交や防衛、テロ行為やスパイの防止などに限定した特定秘密保護法より、よほど一般人が影響を受ける「恐れ」があった。産経新聞は一貫して反対したが、法成立を主張する他社から軽蔑か、あるいは無視されながら、ほぼ孤軍奮闘だったことを実体験として覚えている。

メディアの取材による「被害」も救済対象になるということで、表現の自由が侵される懸念もあった。朝日新聞はメディア規制には反対したものの、「問題のある条文を修正したうえで、法案の成立を急ぐべきだ」との論陣を張った。恣意的な運用の「恐れ」は問題視しなかった。特定秘密が恣意的に指定される懸念を強調する今の立場とは、ずいぶん違う。

結局、自民党内でも安倍晋三幹事長代理(当時)らの反対で法案は国会に提出されなかった。民主党政権でも亡霊のように「人権救済機関設置法案」と名を変え、野田佳彦政権で閣議決定までされたが、衆院解散もあって法案提出には至らなかった。

人権擁護法案の成立は急ぐべきだと主張した朝日新聞は、特定秘密保護法案については「慎重な審議」を求めた。だが、1年前まではどうだったか。多くのメディアは、民主党政権の「決められない政治」を批判した。今度は何かを決めようとすると、掌を返したように「数の横暴だ」「強行だ」「なぜ急ぐのか」「拙速だ」と批判する。反対派による反対のための常套句だ。議会での多数決を横暴というならば、彼らの大好きな日本国憲法の軽視になるというのに。(抜粋)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131208/plc13120818010008-n4.htm
[ 2013/12/10 14:00 ] マスゴミ | TrackBack(0) | Comment(6)

40代女性の6割 「20代男性は恋愛の対象になる」

1 :影のたけし軍団ρ ★:2013/12/09(月) 11:53:19.51 ID:???0
40代でも、永作博美さんや小泉今日子さんのように、若い世代から憧れられている人がいる一方で、もはや恋愛対象としてはNG、となってしまっている人もいます。

年下である20~30代男性の意識はどのようなものなのでしょう。今回は、2013年10月にカバーマークが調査した結果をもとにレポートします。

調査は、職場に40代女性がいる20~30代の男女と40代の女性、各100人・合計500人を対象に実施されたものです。

まず20~30代の男性に、40代女性は恋愛対象になるかを尋ねたところ、48.5%が恋愛の対象になると答えていました。さらに、結婚の対象になると答えたのは、5人に1人の19.5%でした。

一方、40代女性に20~30代男性は恋愛の対象になるかを尋ねたところ、6割が「なる」と回答しました。男女ともに、女性が年上の歳の差カップルは十分にアリ、という結果が出ています。


また、20~30代の男女に、40代女性をきれいと感じることがあるかを尋ねたところ、63.8%が「ある」と回答。「素敵だ」と感じるポイントとしては、「品の良さが感じられる」41.1%、「肌がきれいだから」37.9%、「年齢にふさわしい上品なメイクだから」37.1%などが挙げられました。

反対に、40代女性を「素敵でない」と思う理由については、1位「厚化粧だから」39.7%、続いて「大きな声でしゃべるから」37.9%、「ネガティブな発言が多いから」25.4%となりました。

40代でも素敵と思われる女性は、若い世代から恋愛の対象と見られますが、年相応でないメイクや品がない女性、ネガティブな女性はNGと見なされます。

恋愛対象になれるかどうかは、こうした心がけが分かれ目のようです。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1209&f=column_1209_014.shtml

中高年転職者、「能力あれば採用」企業7割超える

1 :紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. @紅茶飲み(゜д゜)φ ★:2013/12/09(月) 08:05:45.21 ID:???0
中高年の転職者を採用する予定の企業は少ないものの、高いコミュニケーション能力などが備わっていれば採用を検討したいという企業が7割を超えることが、大手人材サービス会社のアンケート調査で分かりました。

これは大手人材サービス会社が中高年の採用について企業の人事担当者の意向を探ろうと初めて行いました。

「今後、中途採用の予定がある」と答えた775社にその年代を複数回答で尋ねたところ30代前半と20代後半がいずれも65%でした。これに対し、40代前半は27%、40代後半は15%、50代前半は7%と、年齢が上がるにつれて採用を考える企業が減ることが分かりました。

一方で、高いコミュニケーション能力や目標を達成できる力などが備わっていれば、中高年の採用も「積極的に検討する」、「給与などの条件を満たせば検討する」という企業は合わせて74%に上りました。


人材サービスの業界団体では、転職支援の国の助成金が来年度から大幅に増額されるのを見据え、資格や専門知識以外の“社会人としての能力”を評価して転職を後押ししようという取り組みを進めています。

アンケートを行った「リクルートキャリア」は「中高年が培ってきた能力を求めている企業は多いことが分かったので、新しい評価の基準として広めていきたい」と話しています。

12月9日 4時44分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131209/k10013674781000.html
K10036747811_1312090443_1312090448_01.jpg
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝