FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

2013年生まれの赤ちゃん、「悠真」くん、「結菜」ちゃんがトップに

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/08(日) 18:04:39.42 ID:???0
★2013年生まれの赤ちゃん、「悠真」くん、「結菜」ちゃんがトップに
2013年12月7日 14:49 記事提供元:エコノミックニュース

明治安田生命保険相互会社が発表した2013年生まれの子どもの名前(※注)は、男の子が「悠真(ゆうま)」、女の子は「結菜(ゆいな)」がともに初のトップとなった。

男の子のトップ3は、1位「悠真」(ゆうま、はるま、ゆうしん)、2位「陽翔」(はると、ひなと、ひろと)、3位「蓮」(れん)。10年から2年連続でトップだった「蓮(れん)」がやや人気を落とし、「陽」など明るさをイメージする漢字が多くランクインするなど新しい傾向が見られる。また、昨年のランク外から一気に上昇した「孝太郎」や「凛太郎」など、「郎」「朗」が昨年より順位を上げ、古風で重厚なイメージの名前が人気となった。

ちなみに同社の過去調査をみると、70年代中頃から80年代前半まで、圧倒的な人気を誇っていたのは「大輔」。ところが90年代に入ってからは「翔」が一貫して人気となった。この頃から「翔」「樹」「海」「翼」など自然を連想させる名前が目立つようになり、子供の名前も多様化している。

13年生まれ、女の子のトップ3は、1位「結菜」(ゆいな、ゆな、ゆうな)、2位「葵」(あおい)、3位「結衣」(ゆい)。人と人との結びつきを連想させる「結」が人気である。同社では「東日本大震災以降、家族や友人とのつながりの大切さが見直され、『人との結びつきを大切に健康に育ってほしい』と願う親の気持ちが現れている」とコメントしている。

女の子の名前は80年代、それまで多かった「~子」の人気が失われ、代わって「愛」が大人気に。80年代後半からは「彩」「舞」「瞳」など“漢字一文字の名前”が増加し、この傾向は今も続いている。90年代以降は、「美咲」「さくら」「陽菜」など自然をイメージした名前が人気に。男女ともに、平成に入ってから「自然を連想させる名前」が目立つようになっている。(編集担当:北条かや)

(※注:明治安田生命保険相互会社「生まれ年別の名前調査」。対象は同社の個人保険・個人年金保険の加入者。
13年は男の子5338人、女の子5026人。)

http://www.zaikei.co.jp/article/20131207/166874.html
スポンサーサイト



[ 2013/12/09 14:00 ] DQN | TrackBack(0) | Comment(6)

他人の楽天ポイントを電子マネーに不正交換 中国人大学生2人逮捕「ドラッグストアで使った」

1 :九段の社で待っててねφ ★:2013/12/08(日) 16:29:40.05 ID:???0
 兵庫、岐阜両県警は8日、インターネット通販サイトの「楽天市場」で商品を買うと付与される他人のポイントを電子マネーに交換したなどとして、不正アクセス禁止法違反などの疑いで、

岐阜県各務原市の孫路路(そん・ろろ)容疑者(24)

と、同居している

王臣容疑者(25)の

中国人大学生

2人を逮捕した。

両県警によると、2人のパソコンにはそれぞれ、他人のIDやパスワード約80万件があったという。

 孫容疑者の逮捕容疑は6月27日、楽天が管理するサーバーコンピューターに、兵庫県尼崎市内の男性(41)のパスワードとIDを使って不正にアクセス。約8400円分のポイントを自身が所有するプリペイド型電子マネーに交換したとしている。王容疑者の逮捕容疑は、6月18~27日、不正アクセスを行うため、パソコン内に4都県の40~50代の男女4人のIDやパスワードを保管していたとしている。

 両県警によると、2人は容疑を認めており、「中国語のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて知り合った中国人から買った。交換したポイントはドラッグストアで使った」などと供述しているという。


http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131208/waf13120816000013-n1.htm

書棚賑わす「フェチ写真集」の誘惑

1 : ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★:2013/12/08(日) 12:46:52.39 P
「フェチ系写真集」が、ここ数年、書店の棚を賑わせている。これらは、無名モデルを起用し、女体のパーツや特定のシチュエーションを徹底的に追求した所が特徴だ。扱われる“フェチ”が極めてニッチで、アートなのかエロスなのか解釈困難な作品が増えている。

「もともと極めて個人的な嗜好であるフェティシズムが、ネットの普及などによってオープン化され、人前で語りやすくなったことが背景にあります。以前は『胸』や『脚』といった大づかみな分類だったのが、二次元の表現とも融合し、ジャンルがどんどん細分化されているんです。フェチ系写真集が急増した理由のひとつは、“語りたくなるフェチ”の領域が広がったからでしょうね」

とは、ブームの先駆けとなった制服女子へのフェティッシュを表現した写真集『スクールガール・コンプレックス』の著者・青山裕企さんだ。

「ただ、それゆえに“企画ありき”の作品が量産されている傾向もあります。フェチというよりシュールな主題や、際どいエロスを扱ったものも多い。僕自身は、フェティシズムは日常の延長にあるという信念があって、いかに自然なシチュエーションのなかで印象的な一瞬を切り取れるかが重要だと考えています。あからさまなエロスを増やすとフェチが薄れるんですよ(笑)」

また、無名のモデルで成立する=制作費が安く上がるため、出版しやすいという制作者側の事情もあるようだ。

「僕の作品でいうと、被写体の顔を撮らないことで、記号化された“女子校生”という存在を心ゆくまで凝視したいという思いが出発点。クラスメイトの女子の顔をまっすぐ見られなかった青春時代に抱えていた憧れと妄想が、そのまま反映されています」

ニッチが許容される現代だからこそ、バラエティ豊かなフェチを謳歌できる。我々は、実に恵まれた時代を生きているのかも?

ソース:So-net
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/903199/
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝