FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10

『孤独のグルメ』  ドラマ内の飲食店、放送後は長蛇の列ができるほどの影響力

1 : ◆YKPE.6U.2. @ゆきぺφ ★:2013/09/13(金) 19:18:11.71 ID:???0
現在Season3が放送中の人気ドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系・水曜深夜11時58分~)。

連続ドラマ初主演となる松重豊が、輸入雑貨商で大食漢の主人公・井之頭五郎を好演している。男がひとり黙々と食事をするというショートドラマが、なぜ話題を呼んでいるのか。同ドラマの熱狂的ファンを自認する現役大学生A氏(24歳・工学系)は、次のように分析している。

「なんといっても放送時間が深夜帯であり、30分のショートドラマであること。ちょうど小腹が空いた時間帯なので、後日そこで紹介されたお店に足を運びたくなります。翌日に友達を誘って“聖地巡礼”したり、自分でネットで店を検索してリサーチしてみたりと、コミュニケーションも生まれやすいため、作品に愛着がわきやすいんだと思います」ドラマ内で登場するのは、すべて実在の飲食店で、放送後は長蛇の列ができるほどの影響力があるという。

くわえて、番組内での主人公・五郎のメニュー選びも視聴者の楽しみのひとつだ。例えば9月4日の放送分では、初めて訪れた「まちのパーラー」(東京・練馬区)で、店員の意見を聞きながら、ローストポークのサンドイッチ、自家製黒糖ジンジャエール、サルシッチャのセット、ほうれん草とリコッタチーズのキッシュを注文している。

「このように五郎さんが、メニューをざっと見渡したうえで、最高の組み合わせを作り上げるプロセスが非常に論理的で、感心してしまいます。このメニュー選びに深みを出しているのが、五郎さんがお酒を飲めないという設定ではないでしょうか。

お酒が飲めたとしたら、『酒の肴』になる注文に偏りがちです。だけど、飲酒を排除することで直接的に『食』へと的が絞られている気がします」(A氏)
http://www.news-postseven.com/archives/20130911_210352.html
スポンサーサイト



“肉塊”おいしくなければ返金、ペッパーランチが全国の店舗で実施

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/09/13(金) 11:25:40.98 ID:???
ソースはナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20130922974.html

ペッパーランチは、今春より販売している「100%ビーフ肉塊ハンバーグ」について、
おいしくなければ全額返金するキャンペーンを開始した。期間は10月31日まで。
2013-09-13-070746.jpg

「100%ビーフ肉塊ハンバーグ」は、北海道産牛を主原料として、オーストラリア産牛、ニュージーランド産牛をブレンドしたハンバーグ。昨年後半からペッパーランチダイナー、92's、東京634バーグで主力商品として導入し、今春から全国のペッパーランチで販売を開始した。通常は200グラム880円(ライス付き)、300グラム1,050円(同)で提供している。

全額返金キャンペーンは、7月末から約1か月間にわたり直営の14店舗で実施。その結果、返金の申し出は“ゼロ”だったという。これを受け、今回は全国にキャンペーンを拡大する運びとなった。

返金の条件は「半分以上食べた場合は返金できない」「返金時にアンケート協力」「1人1回のみ」「個数限定」「テイクアウト利用の場合は返金できない」などとなっている。

-以上です-
■ペッパーランチ http://www.pepperlunch.com/
 2013年09月12日 おいしく無ければ返金します!≪100%ビーフ肉塊ハンバーグ返金キャンペーン≫(9月12日~10月31日)(PDFファイル)
 http://www.pepper-fs.co.jp/_img/news/pdf/2013/PFS20130912.pdf

若い男性執事が「お姫さま」をお世話--手軽でオシャレな女子向けキャンプ場が注目集める

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2013/09/13(金) 08:28:57.93 ID:???
手軽でおしゃれな女性向けのキャンプ場が注目を集めている。手ぶらで出掛け、バーベキューの後は風呂付きのコテージに宿泊したり、男性スタッフから「お姫さま」と呼ばれて世話をしてもらえたりするプランも。「山ガール」の流行を背景に、女心をくすぐるさまざまな工夫がキャンプの世界にも広がっている。

■「お姫さま…」

「お姫さま、そろそろ薪ストーブでお食事にいたしましょう」。執事役の若い男性スタッフが女性客に「お姫さま」と呼び掛けながら、薪ストーブの火おこしや肉の焼き加減など、あれこれ世話を焼いてくれる。食後は星空を眺めながら星座についてもレクチャーしてくれる。

群馬県長野原町のオートキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が毎年秋に実施する「お姫さまキャンプ」と名付けた女性客限定プラン。キャンプといっても宿泊はテントではない。風呂やキッチン、トイレが完備されたコテージや、ハンモックチェア付きのキャビンだ。食事は執事役の20、30代前半の男性スタッフが用意し、野外活動のノウハウを分かりやすく伝授してくれる。

「男臭くて、きついイメージのあるキャンプのハードルを下げ、初心者の女性たちにアウトドアの魅力を知ってもらいたい」と4年前から始めたところ、話題を呼んだ。今年も来月1日から11月28日までの平日、1泊2食付き「お姫さまプラン」を用意する。


「テント泊だけがキャンプではありません。最近はトイレやシャワー付きのコテージなどの普及で、女性や小さなお子さんのいる家族もキャンプがしやすくなっています」と同キャンプ場の広報担当、伊藤智幸さんは話す。

■シャンパンで乾杯

紀伊山地の豊かな自然に囲まれた和歌山県紀美野町にあるリゾートコテージ「たまゆらの里」では、「女子会プラン」(11月末まで)と銘打った企画が人気だ。川沿いに建てられた羽根布団付きのコテージ。テラスでは炭火バーベキューが楽しめ、プレゼントのシャンパンで乾杯。スキンケアセットも用意され、施設内の露天風呂でリラックスできる。

埼玉県神川町の「かんなの湯ロハスガルテンキャンプ場」では、初心者の女性がワンタッチで設営可能なテントなどのレンタル用品、岩盤浴などの入浴施設、エステやマッサージなどのサービスを充実させている。専用のコーディネーターがキャンプのノウハウを分かりやすく教えてくれる。

女性向けの手軽なキャンプの登場は、数年前のアウトドア好きな女性たちを指す「山ガール」流行が背景にあるようだ。日本オートキャンプ協会(東京都新宿区)の堺広明さんは「アウトドアの土臭いイメージがオシャレな印象に変化し、女性の興味がキャンプにも向いてきた」と分析する。

テントやバーベキュー道具などのレンタル品が充実し、清潔なトイレや入浴施設、寝具付きのコテージなど女性にうれしいサービスの登場。堺さんは「手軽なキャンプを入り口として、多くの方々にキャンプの楽しさを知ってほしい」と話している。

●執事役の男性スタッフに給仕されながら食事が楽しめる「お姫さまキャンプ」
trd13091308030005-p1.jpg

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130913/trd13091308030005-n1.htm


[ 2013/09/14 18:00 ] 話題 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝