FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2013 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 04

「斜め上」「どうしたんだ」 パナソニックの「アラサーエアコン」に驚きの声

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/03/04(月) 15:59:27.64 ID:???
「誕生! アラサーエアコン」――パナソニックが展開するこんな広告に、一部のネットユーザーから驚きや戸惑いの声が上がっている。 アラサーエアコンは、スマートフォンで外から電源を切る機能などを備えた同社のTシリーズエアコン。広告には3人家族が描かれ、「アラサー家族にうれしい機能」をうたっている。

電車内で広告を見かけたユーザーの間で話題になっており、Twitterには
「迷走感がすげえ」
「そのセンスどっから来ちゃったの!?」
「誰か止める人は居なかったのか」
「アラフォーは買っちゃいけないの」
「別にアラサー関係ないじゃん「アラサーがナチュラルに既婚子持ちだと思うなよ!」
といったコメントが投稿されている。


ソースは
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/04/news056.html
YouTubeから、アラサーエアコンCM
http://www.youtube.com/watch?v=fGnuMzTmHF4&feature=player_embedded
スポンサーサイト



[ 2013/03/05 17:00 ] 話題 | TrackBack(0) | Comment(1)

「強さだけじゃなく、優しさも必要」串田アキラのベスト盤…サンバルカン、ギャバン、キン肉マン、富士サファリパークなど

1 :ベガスρ ★:2013/03/04(月) 09:00:39.78 ID:???
"世代超えて愛され続け 串田アキラがベスト盤"

力強い歌声で子どもたちをとりこにしてきた特撮ヒーローアニメソングで知られる串田アキラ。レコード会社の枠を超え、30年以上のキャリアをまとめたベスト盤「BEST WORKS TREASURE」(日本コロムビア)で、 往年、新規両方のファンを元気づけている。

1981年「太陽戦隊サンバルカン」で特撮系の歌を歌い始め、「宇宙刑事ギャバン」や「キン肉マン」などで、
ヒーローソング歌手として不動の地位を築いた。現在も、少年ジャンプで連載中のアニメ「トリコ」の主題歌を担当。「若いファンのために」とベスト盤を発表した。

前出の代表曲をはじめ、「富士サファリパーク」や「安心戦隊ALSOK」などのCM曲も収録するなど、遊び心もあふれた一枚。「若いファンにとって『元気のいいオジサン』でいられれば。小さな子どもたちは『お前ら!』と呼び掛けないと集まってくれない。子どもたちと同じ目線でいることが大事」と笑う。

往年の名曲を歌う機会が多いが「昔の曲は、自己流のアレンジを加えず昔のまま歌う」のがポリシー。「少しでも変えると聞き手に違和感が生まれる。自分でも当時の歌を聞き直し、コピーし直して歌っている」。また「そのときのキーや似た声で衰えを見せずに歌いたい」と、腕立て伏せや腹筋などの体力づくりも欠かさない。

「大人になってからも、あのときあの歌があったから頑張れた、元気づけられたというお便りをもらうこともある。一緒に聞いて育ってきた、大人になってあらためて歌詞の深さを知ったという声もあり、ありがたい。これからも歌い続けたい」と力強い。


10日午前11時から、ひらかたパーク野外ステージ(大阪府枚方市)で、「アニソンスペシャルミーティング」に出演。同じくアニメソング界をけん引してきた水木一郎とともにステージに立つ。「お子さまから“大きなお子さま”まで楽しんでもらえたら」と呼び掛ける。観覧無料(要ひらかたパーク入園料)。

画像
「強さだけじゃなく、優しさも必要」とヒーローソングを歌う心構えを語る串田アキラ=大阪市北区
IP130226TAN000050000.jpg

大阪日日新聞 2013年3月3日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/130303/20130303024.html
[ 2013/03/05 14:00 ] ヲタ | TrackBack(0) | Comment(2)

変化する父と娘の関係 “親ラブ族”・・・「父親が大好き」の10~20代女子が増加中

1 :影の軍団子三兄弟ρ ★:2013/03/04(月) 08:27:19.16 ID:???0
カルピスが昨年末、女子高生300人超を対象に行った娘と父親に関するアンケートで驚きの結果が出た。「理想のお父さんは誰?」という質問の回答で、阿部寛(48才)と並んで「自分の父親」がなんと1位に輝いたのだ。

同じアンケートで「父親を好きかどうか」という質問に対しては、女子高生の約6割が「好き」と回答し、「嫌い」は2割に満たなかった。今や、家族の“粗大ゴミ”のように扱われる父親は少数派となっているのだ。

若者の生活や志向に詳しいマーケティングライターの牛窪恵さん(45才)はこう分析する。

「今の10~20代半ばの女の子、つまり平成生まれの女の子たちは父親との関係がとても良好なんです。一緒に外出するときは『これからパパとデート』なんて楽しそうな表情で言います。私たちの世代にとってはありえません。

恥ずかしいし、一緒に出かけるのも嫌だったのですが(苦笑)。私は『親ラブ族』と呼んでいるんですが、娘たちにとって、『父親が大好き』という感情は当たり前のことになりつつあります」


仲が良すぎる母と娘が“ともだち母娘”などと取り沙汰されることもあったが、父と娘も急接近しているようだ。

父親を愛する『親ラブ族』が生まれた理由のひとつは、「若々しい父親が増えたこと」と牛窪さんは分析する。「今の女子高生の父親は主に40~50代前半のバブル世代。彼らの多くは、若い頃からおしゃれに気を使い、女の子をどうやってデートに誘うか、入念にプランを練るという手間を楽しんできた。

だから、父親になった今も流行に関心が高く、GReeeeNやいきものがかりなど、若い世代に人気のアーティストの曲をよく知っています。カラオケで歌うこともできるんです。女性のエスコートが上手だし、娘世代と話を合わせられるので“支持率”が高くなるんです」(牛窪さん)
http://www.news-postseven.com/archives/20130304_174391.html
[ 2013/03/05 10:00 ] 話題 | TrackBack(0) | Comment(5)

炊き立てご飯に、大振りの卵をかけて…卵かけご飯には何が合う?「KING OF TKG」を選ぼう

1 :生徒もろきみ!φ ★:2013/03/04(月) 01:42:49.28 ID:???
 卵かけご飯に合う食べ物を選ぶコンテストが3日、飯塚市長尾の筑穂公民館であった=写真。筑穂牛とフキのつくだ煮、地元の小学生が作った梅干し、こうじを使った納豆など十数種類の料理が登場。280人が、地元で採れた米と卵を使った卵かけご飯と一緒に味わい、気に入った料理に一票を投じた。結果は15日発行の筑穂公民館報で発表する。

 地元住民でつくる「ちくほ牛ファンクラブ」などが「KING OF TKG(卵かけご飯)」と銘打って企画。会場は炊きたてのご飯と大振りの卵が次々と補充され、活気に包まれた。

 「長野ばあちゃん」の愛称で親しまれる長野路代さん(82)は、こうじを使った納豆や、ゴボウと筑穂牛の煮物を用意。朝食にみそ汁や納豆など日本特有の発酵食品を食べる重要性を説き、「こうじを摂取する朝食を習慣付けてほしい」と呼び掛けた。


ソース(西日本新聞) 
ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/351017
写真 
201303040002_000.jpg
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝