FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2013 01123456789101112131415161718192021222324252627282013 03

座りションしない夫に妻注意→夫は「オレは日本男児」と反論 

1 :影の軍団子三兄弟ρ ★:2013/02/11(月) 16:13:53.24 ID:???0
夫婦間の不満でもっとも多かったのは「家事に関すること」。妻が仕事を持っていてもいなくても、やはり毎日のこととなると、すぐ目がいくのが「家事」だからだ。恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみさんが言う。

「男女ともに、料理系や家事系の不満が多いです。夫からすれば、妻にもっと家事をしっかりしろと言う。でも妻側からみると、その3倍くらい夫に家事を手伝ってほしいと思っている。お互いに相手の気持ちを理解できていないので、夫婦はどんどん不満を溜め、すれ違っていくのです」

「何度注意してもきかない」と怒るのは、公務員の鈴木雅子さん(仮名、43才)。夫がトイレで用を足すと、便座も上げっ放し。ふたも開けっ放し。おまけに年をとってきたせいか、床や便器に尿が垂れていることも…。

「口を酸っぱくして言ってるのに、夫はどこ吹く風。この前ついに、私がトイレに入ったときに、音を立てて思いっきり便座を下げてやったんです。

困るのは尿が垂れていても知らん顔をしていること。私が気づいてないと思っているんでしょうが、においますからね。汚いったらありゃしない。5才の息子には『1歩前に出てするのよ』と注意しますが、今さら夫には言えません。言ったら『おれが年なのか』ときっとケンカになりますから」

「『立ってすると、しぶきが跳ねるので座ってして』って言うと、『おれは日本男児。沽券にかかわる』とか言って、絶対に座らない。あんたのプライドなんてどこよ。沽券じゃなくて股間の問題よ!」(48才、主婦)
http://www.news-postseven.com/archives/20130211_171016.html
スポンサーサイト



[ 2013/02/12 17:00 ] 話題 | TrackBack(0) | Comment(23)

北九州市、発砲事件相次いだけど…実は市民に優しい街、是非住んでみて

1 :キャプテンシステムρφ ★:2013/02/11(月) 13:04:10.12 ID:???0
 近年、発砲事件などが相次ぎ、安全安心のまちづくりが強調される北九州市だが、データで見ると、生活環境が充実し、市民に優しい街の姿が見えてくる。

 まずは、ほかの大都市と比べて物価が安い。熊本市を除く19の政令市と東京都23区の20か所で比較した「大都市比較統計年表」(2010年)によると、消費者物価指数は最も低い。1か月の家賃も3・3平方メートル当たり3908円で2番目に安い。医療面も充実。人口10万人当たりの一般病院数は7・7施設、病床数は1602・3床で、いずれも札幌市に次いで2位。人口1000人当たりの刑法犯の認知件数は6番目に多いものの、検挙率は39%でトップを誇る。

 U、Iターンの促進事業を担当する市雇用開発室によると、今年度の移住者は124人(1月末現在)で、ここ数年は増加傾向にある。同室の中川恵介次長は「海や山に囲まれて自然が多く、おいしい食材が豊富。雇用も充実しているので、ぜひ北九州に住んでほしい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130211-OYT1T00245.htm?from=y10

患者「ケチと思われたくない」「効かないと思い込んでる」 ジェネリック使う患者3割もいない

1 :しいたけφ ★:2013/02/11(月) 09:30:10.44 ID:???0
 
医療費をいかに節約するかは誰にとっても大きな問題だ。

入院や通院のほかに、医療費で大きな割合を占めるのは薬代である。特に、糖尿病や高血圧症、胃腸病などの慢性疾患の場合、長期的に薬代がかかり続けるので、負担はかなり大きい。これを安く抑える方法が、CMなどでよく耳にするジェネリック(後発医薬品)である。

「薬代を安く抑えるコツは、ジェネリックを利用することでしょう。ジェネリックと聞くと嫌がる患者もいるため、薬局側は奨めるのを躊躇している状況で、患者側からいわないと、薬剤師が先発品を調剤してしまい高くつくケースがあります」(医薬ジャーナリスト・藤田氏)

 すべての薬にジェネリックがあるわけではなく、先発品との価格差もまちまちだが、一般的には先発品の2~8割程度の価格になる。

「たとえば、病院処方の胃腸薬の場合、先発品を1か月分調剤してもらうと、薬剤料と調剤技術料、薬学管理料の合計で約7000円かかり、1年間で約8万4000円になります。これをジェネリックに替えると、薬剤料が半額になって1か月約4500円、1年では約5万4000円になり、年間約3万円浮く。健康保険を使って3割負担とすると、自己負担額は1年間で約1万円安くなります」(大病院の医療事務関係者)

これほどの負担軽減効果があるのに、意外にもジェネリックを利用する人は少ない。前出・医療事務関係者は「先生に遠慮しているのか、ケチだと思われたくないのか、効き目が悪いと思い込んでいるのか、“ジェネリックを使いたい”と申し出る患者さんは3割もいない」という。

 ジェネリックの効き目については、厚労省が「先発品と同じ」とお墨付きを与えている。医療費削減のため、ジェネリックを多く処方している薬局には保険点数の加算があるので、薬局側が嫌がることもない。病状や体質によって医師が先発品を指定する場合もあるが、処方箋の「後発医薬品への変更不可」の欄に医師のサインがなければ、薬局で「ジェネリックをお願いします」と申し出ればいい。


http://news.livedoor.com/article/detail/7399293/


【毎日新聞/社説】「中国大気汚染、越境汚染問題を日中韓で話し合うべき。東アジア共通利益のため日本は環境技術協力を」

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/02/11(月) 09:12:24.71 ID:???
中国の大気汚染が深刻だ。先月は中国全土の4分の1、全人口の半数近い6億人に影響が出たという。

日本にとっても、人ごとではない。汚染物質は偏西風に乗り、国境を越えて飛来する。特に問題となっているのが、肺がんやぜんそくを引き起こす恐れがある微小粒子状物質「PM2.5」だ。工場の排煙や自動車排ガスなどが発生源で、西日本各地で普段の濃度を超える値が観測されている。政府は、観測網の充実や日本への影響評価を盛り込んだ緊急対策をまとめたが、迅速な対応を求めたい。

今のところ、汚染物質の飛来は健康に影響が出るレベルではないという。現時点での対策の基本は、モニタリング体制の整備と国民への適切な情報提供だろう。

PM2・5は09年に環境基準が策定された。地方自治体が常時観測しているが、全国の測定局は約550カ所で、国の目標の1300カ所には届いていない。データは自治体や環境省が設置するウェブサイトで公開されているものの、アクセス数の急増で、環境省のサイトはつながりにくい状況が続いている。対策の基本ができていないと言わざるを得ない。国と自治体が連携して測定局を増やし、ウェブサイトも早急に強化してほしい。充実した観測データは、中国政府に汚染対策を要請する根拠にもなる。

首都・北京はスモッグで覆われる日が続き、「北京ぜき」が流行語になった。しかし、観測体制は整っておらず、中国での詳細な汚染実態は分からない。在留邦人からは健康への影響を懸念する声が上がる。北京の日本大使館は説明会を開き、外務省も専門医を派遣する予定だが、継続して相談を受け付けるべきだ。

中国で深刻化する大気汚染の根本的原因は、経済成長を優先し、環境対策を先送りしてきたことにある。ガソリンは低品質で、汚染物質の硫黄分の濃度は欧州や日本より格段に高い。石炭火力発電所の環境設備も貧弱だ。華北地方で続いた低温の影響で暖房用の石炭の使用量が増え、汚染に拍車をかけたという。中国政府はガソリンの品質向上などに乗り出したが、環境対策を怠れば、つけは国民に回り、経済成長も制約することを認識してほしい。

日本と中国、韓国は毎年、環境相会合を開いている。中国からの越境汚染に悩んでいるのは韓国も同様で、3カ国は黄砂問題などで共同研究に取り組んでいる。PM2.5についても話し合いを深めたい。

越境汚染問題の解決は東アジア共通の利益になる。日本は、公害問題を経験した国として、環境分野の技術協力を促進すべきだ。


http://mainichi.jp/opinion/news/20130211k0000m070073000c.html
[ 2013/02/12 07:00 ] 在日新聞 | TrackBack(0) | Comment(10)
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝