FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09

キッコーマン:ヨーグルト市場に参入、「優 黒ごま」8月下旬発売…主力の醤油事業、少子高齢化などで縮小傾向

1 :明鏡止水φ ★:2008/08/19(火) 07:25:50 ID:???
 キッコーマンはヨーグルト関連市場に参入する。しょうゆ製造で培った大豆素材や発酵の技術を活用して新製品を開発、8月下旬に発売する。健康志向の高まりで同市場は拡大基調が続いている。

 主力のしょうゆ事業は国内市場が少子高齢化などで縮小傾向にあることから、新規事業進出により収益拡大を狙う。

 新商品はヨーグルト風デザート「優 黒ごま」で、メーカー希望小売価格は130円。当面は首都圏限定で販売し、一部のコンビニエンスストアで8月26日、スーパーなどでは9月末に発売する。


▽News Source NIKKEI NET 2008年08月19日07時00分
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080819AT1D1803Z18082008.html
▽キッコーマン 株価 [適時開示速報]
http://www.kikkoman.co.jp/
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=2801
http://smartchart.nikkei.co.jp/smartchart.aspx?Scode=2801.1
スポンサーサイト



スポーツドリンク「ロックマン E缶 飲料」、アニメイト・コトブキヤで8月下旬発売

1 :あやめφ ★:2008/08/18(月) 18:10:06 ID:???
カプコンは2008年8月18日(月)、同社の人気シリーズ『ロックマン』を題材したスポーツドリンク「ロックマンE缶飲料」を、飲料メーカー・アプリスと共同で2008年8月下旬より販売開始することを明らかにした。価格は137円(税込)。

「ロックマンE缶飲料」は、『ロックマン』シリーズのゲーム内に登場するアイテム「E缶」をイメージして制作されているスポーツドリンク。ゲーム内では、ロックマンのLIFEを全快させる効果を持つ「E缶」ということで、今回の飲料にもローヤルゼリーを配合するなど滋養面でもバッチリに仕上がっている。

商品のデザインはゲーム中の仕様を再現したものとなっているほか、2008年内生産分には、9月にWiiウェア向けに配信予定の新作『ロックマン9 野望の復活!!』を記念した告知プリント入りとなっている。

「ロックマンE缶飲料」の取扱店舗は、アニメ関連グッズショップ「アニメイト」各店、同「コトブキヤ」となっている。ファンの中にも、一度は「『E缶』を飲んでみたい」と思った人は多いはず。ぜひ、“ヤラれる前に”飲んでおこう。

ジーパラドットコム
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=9035&c_num=14
http://www.gpara.com/files/contents/p_l1219072859.jpg
p_l1219072859.jpg

軽自動車、バキュームカーと衝突し下敷きに 軽自動車に乗っていた男女2人が死亡

1 :ククリφ ★:2008/08/18(月) 15:31:27 ID:???0 ?S★(501111)
さきほど坂井市内の交差点で軽自動車とバキュームカーが出合い頭に衝突し、軽自動車に乗っていた男女2人の死亡が確認されました。

事故があったのは坂井市坂井町蛸の十字路の交差点です。 
 
坂井警察署の調べによりますと、18日午前9時50分ごろ、軽自動車とバキュームカーが交差点内で出合い頭に衝突し、そのはずみで2台とも道路脇の水田に突っ込みました。
 
この事故で、軽自動車が横転したバキュームカーの下敷きになって、乗っていた人が車の中に閉じ込められました。

 
先程、現場で男女2人の死亡が確認され、現在、警察が身元の確認を急いでいます。 

現場は周りを水田に囲まれた信号機のない交差点で、事故の原因について警察で詳しく調べています。

http://www2.fbc.jp/news/news_133221.html

キン肉マンおにぎり発売

1 : ◆V3/DONjiko @変態仮面V3φφ ★:2008/08/18(月) 14:22:55 0 ?2BP(9569)
 株式会社ローソンは、キン肉マン生誕29(にく)周年に合わせてタイアップ商品『キン肉マン 牛丼風おにぎり大盛』と『ミート君のミートパイ』を8月19日より全国のローソン店舗にて発売する。

 今回発売する商品は、キン肉マンのファン層でもあり、コンビニのヘビーユーザーでもある20代から30代の男性をターゲットにして開発された。『キン肉マン 牛丼風おにぎり大盛』は、キン肉マンの大好物である牛丼を具材に、通常のおにぎりの具材は約4倍、全体量は約2倍と、ボリュームたっぷりのおにぎりにした。価格は税込218円。

 また、『ミート君のミートパイ』は、ミート君にちなみ、さっくりとしたパイ生地にトマトベースのミートソースをたっぷり包んだ具だくさんの惣菜パンとなっている。価格は税込135円。

 キン肉マンは、1979年から1987年まで集英社「週刊少年ジャンプ」に連載(全387話)された漫画家・ゆでたまごの初連載作品で、団塊ジュニア世代の幼少期に爆発的な人気を博した。現在はキン肉マンの息子を主役にした漫画「キン肉マンII世」が週刊誌で連載されており、団塊ジュニア世代に加え、 20代から30代の男性に人気が高い。

http://news.ameba.jp/economy/2008/08/16867.html

食肉解体「屠場みる・きく・たべる・かく-食肉センターで働く人びと」出版

1 :早よ説教部屋に来なさい→ (ο・ェ・)みっぴぃφ ★:2008/08/18(月) 11:15:57 ID:???0
牛と豚を解体して食肉にする西宮市食肉センター(同市西宮浜二)で、関西学院大社会学部の三浦耕吉郎教授(51)らが三年間にわたってインタビューを重ねた結果をまとめた「屠場(とじょう)みる・きく・たべる・かく-食肉センターで働く人びと」が、このほど出版された。著者は関学大の教員と研究員を中心とする四人。同書の編者を務めた三浦教授に話を聞いた。

同センターの前身は一九一七(大正六)年に開設され、八八年現在地に移転した。一日平均で三十-四十人が働き、二〇〇七年度は牛一万二千頭、豚四万七千頭が解体された。

同書は「食肉センターが培ってきた文化を多くの人に伝えたい」という意図で編まれた。牛や豚が食肉になる現場を描写し、「一連の出来事に、わたしは心を奪われてしまった」といった筆者の率直な感想を記述。解体の担当者や卸業者、獣医師など、同センターで働く人々に、今の仕事を選んだきっかけや悩みなども尋ねている。

肉を食べる以上、動物の解体は絶対に必要な過程だが、そこには差別や偏見も深くかかわる。執筆した四人も調査開始から二年が過ぎるまで写真撮影が許されず、センターで働く男性からも「見て、どないするの?」などと問い掛けられた。

三浦教授自身、動物を解体する行為について、当初は「非常にかわいそうだし、ひどいこと」と考えていたが、その印象は初めて見学した日に大きく変わった。牛を失神させる役割の男性が、暴れる牛の額をなで、自分の手をなめさせる様子を見て「ひどいことをしているわけではないな」と思い込みが崩れるのを感じた、という。

働く人の内面に踏み込みながら聞き取ったエピソードは時に明るく、時に深刻だ。内臓を洗う仕事を始めたことで親族と一時的に疎遠になったこと。職場に連れてきた息子が、現場に驚きながらもアルバイトに前向きな気持ちを示したこと。センターに就職した若者には「三カ月辛抱し。ええとこも分かるし、わるいとこも分かる」と励ましていること…。

ε(ο・д・)ノシ))☆source★((ヾ(・д・ο)з
http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0001350874.shtml
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝