FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09

鳥越俊太郎「痛み止めで切り抜けられないのか?」 野口欠場で

1 :ムネオヘアーφ ★:2008/08/13(水) 17:31:37 0

<テレビウォッチ> 「4年間すべて北京で走るためだっただけに、今も走りたい、走ろうという思いは消えることはありません。しかし、現状を認識すれば、出場を断念せざるを得ません」

野口みずきが送ってきたメッセージは悲痛なものだった。左足太股の筋肉損傷は深刻だった。笑顔の野口を写す画面が、何とも残酷に見える。なぜこんなことに、とだれもが思う。

小柄な体格を補うために行っていたという過酷なトレーニング。JOCの金哲彦・強化コーチは。「けがをするかしないかの紙一重のところで闘っているので、大きなけがにつながったのは、運が悪かった」という。

また、彼女のストライド走法は足に強い負担がかかるが、野口自身も先月末北京で、「本番をすごくイメージしてしまって、ペースがあがりましたね」といっていた。これについて金コーチは、「一種のオーバーワークだと思う。ただ、そうなるかならないかギリギリのところで闘っているから」という。

だが、小柄な身体も、ストライド走法も、世界に通用することをアテネが示していたのだから。映像で見たスイス・サンモリッツでのトレーニングは、クロスカントリーのような山道を走っていた。下り坂を駆け下りる姿は、痛々しかった。そこまでするかと。

スタジオにマラソンの谷川真理が出演した。「彼女のつらさがわかります。代表になってからの8か月間、想像を絶するトレーニングを重ねてきただけに」という。谷川も、かつてけがで大会を欠場したことがある。

小木逸平が、「北京へ行くだけじゃなくて、金メダルをとるのが目的で、とって当たり前というのはハードですよね」

谷川は「そう、金さんのいっていたぎりぎりのトレーニング。そこまでやらないと…」

鳥越俊太郎が、「サンモリッツのトレーニングは金メダルのための?」

谷川は「それはそうですよね。今日はここまでやった。もうちょっとという」「違和感があっても、重大なものかどうかは分からないんですよ」

鳥越は、「バカな質問かもしれないが、痛み止めで切り抜けられないのか」

谷川は、「微妙なところです。痛みが出ないこともあるが、それが致命傷にもなりうるし。この決断はしかたなかった」という。

補欠はいない状態で、土佐、中村だけで臨む。野口はメッセージで2人に「重荷になるのが心配だが、ご健闘を心よりお祈りします」といっている。案外これが、2人にプラスするのかどうか。レースは17日の日曜日だ。


J-CAST テレビウォッチ
http://www.j-cast.com/tv/2008/08/13025079.html
スポンサーサイト



「気分を悪くした…」~放火

1 :ちょーはにはにちゃんwφ ★:2008/08/13(水) 12:14:56 ID:???
忠南(チュンナム)・保寧(ボリョン)警察は13日、一緒に酒を飲んでいた相手が気分を害したという理由で乗用車に火を付けたオ某容疑者(32歳)を、放火の疑いで拘束した。

警察によれば、オ容疑者は7月9日の午前1時50分頃、忠南・保寧市の某海水浴場隣接のキャンプ場でヤン某さん(31歳)と酒を飲んで会話をしている際、ヤンさんが気分を害したという理由でヤンさんの乗用車に火を付け、全焼させた疑い。

オ容疑者はまた、キャンプ場に設置されているテントにも火を付けて、テント2つを燃やした疑いも受けている。

ソース:東亜日報/保寧=ニューシス(韓国語)
http://www.donga.com/fbin/moeum?n=society$c_707&a=v&l=0&id=200808130237

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の人気コーナー「勇気を出して初めての告白」が16日公開「同窓会」の劇中で“復活”

1 :すてきな夜空φ ★:2008/08/13(水) 06:40:02 ID:???0
85年4月から96年10月まで日本テレビ系で放送されたバラエティー「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の人気コーナー「勇気を出して初めての告白」が、16日公開の映画「同窓会」の劇中で“復活”した。視聴者の愛の告白場面を紹介し、番組の中でも1、2を争う人気のコーナーだった。当時と同様、兵藤ゆき(56)が本人役でリポーターを演じる。

同映画は80年代に長崎で青春時代を過ごし、東京で映画プロデューサーをしている克之が、地元での同窓会をきっかけに人生を見つめ直すドラマ。「勇気…」は克之が帰郷した際に、両親が当時録画したビデオを見せる形で登場する。島原城で、克之の友人の初告白をバックアップ。監督で主演の宅間孝行(38)が「80年代を象徴する番組」としてアイデアを出し、米ニューヨーク在住の兵藤に出演を依頼。兵藤も「撮影終了後は、当時の収録後のような感覚になりました。懐かしかった」と話している。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/08/13/07.html
映画「同窓会」の中で復活した「元気が出るテレビ」の人気コーナーのシーン。
島原城をバックにリポートする兵藤ゆき
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/08/13/images/KFullNormal20080813007_l.jpg
映画「同窓会」公式 http://www.dousoukainet.com/dousoukai/index.html

「プリウス、一人勝ちの理由はデザイン」と米経済誌…フルモデルチェンジ前でも納車2ヵ月待ち

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2008/08/12(火) 19:55:20 ID:???0
★プリウス、モデルチェンジ前でも納車2ヵ月待ち ハイブリットカーひとり勝ち状態続く

・今月7日に発表した08年4-6期連結決算では、売上高が前年同期比4.7%減の6兆2051億円、営業利益が同38.9%減の4125億円と、05年の四半期決算開示以来初の減収減益に陥ったトヨタ自動車。超優良企業と呼ばれる同社だけに減収減益は各メディアで大きく報道されたが、収益圧迫の理由は主に為替相場の円高と原材料高によるものだった。

 一方でガソリン価格の高騰が今や同社のシンボル的存在に成長したハイブリットカー「プリウス」の販売を加速させている。現行モデルは03年の発売以来常に新車販売台数ランキングの常連だが、現在でも国内の販売店では納車が2ヵ月待ちの状態。発売して間もないモデルならともかく、そろそろフルモデルチェンジを迎えようとする車種ではある意味異常ともいえる人気ぶりだ。人気は国内にとどまらず、08年4月には全世界での販売台数が100万台突破し、その勢いは止まりそうない。

 注目すべきはハイブリットカーの中でもプリウスだけが一人勝ちしているという事実だ。原油高によりハイブリットカーに注目が集まっているのは理解できるが、ハイブリットカーはプリウスの他にホンダから「シビックハイブリッド」など3車種、ニッサンからも「ティーノイブリッド」、米国でもGM(ゼネラルモーターズ)やフォードが製造・販売している。しかしホンダの「アコードハイブリッド」は07年に販売不振から生産中止、フォードも販売不振のためハイブリット車の生産の打ち切りを検討していると報道されている。なぜプリウスだけが求められるのだろうか。

 米国の経済誌フォーブスはプリウス一人勝ちの理由について「成功した一番の理由は、そのデザイン。他の多くのハイブリットカーは既存の車種にハイブリットシステムを採用しているだけだが、プリウスはメッセージがある」と分析している。同車は2003年度グッドデザイン大賞を受賞しているが、誰が見てもひと目でハイブリッドカーだとわかるその先進的なデザインが消費者を惹きつけているのだろうか。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080812-00000000-sh_mon-bus_all
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝