FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

チター「最後の職人」…実は20人 毎日放送「世界ウルルン滞在記ルネサンス」に物議

1 :秘丘、愛液塗れ'φ ★:2007/10/28(日) 05:40:09 ID:???0
 アルプスの山岳地方で16世紀ごろ作られたという民族楽器、チター。テレビ番組でこのチターが滅びつつあると紹介され、物議を醸している。

 “消えゆくチター”を放映したのはTBS系列のテレビ人気番組「世界ウルルン滞在記」で、7日に放送された。ミュージシャンの大友康平さんがオーストリアのチロル地方で「最後のチター職人」を自称するペーター・ムルンゼアさんを訪ねて、「いまは年間2、3台しか売れず、このままではチターは滅んでしまう」という話を聞く内容だ。

 この番組をみた日本の大学教授が運営するブログに「自分の好きなチターが滅びるのは残念だ」と書き込んだところ、日本やミュンヘン在住のチターファンから番組に対する反論のコメントが寄せられた。「オーストリアには知り合いだけで3人のチター職人がいる」「私のチターの先生(ドイツ人)に聞いたら少なくとも15人は職人がいて工房も多い」など、いずれもチターが滅びるなんてとんでもないと憤慨。教授も「チターはまだ健在のようだ」と安堵した。

 日本チター協会会長で、30年以上前からチター普及に取り組んできた内藤敏子さんは「チター職人は現在、オーストリアに数人、ドイツと合わせて約20人はいるはずです」と説明する。

 番組を制作した毎日放送では「取材ではオーストリアには作れる職人はいるものの皆、作るのをやめていて、いまではペーター・ムルンゼアさんだけとのことだった。本人に確認すると『オーストリアで作っているのは私だけです』と言ったことから同国で最後の職人として取り上げた。ドイツに職人がいることは知っていた」と説明している。番組ではドイツにチター職人が何人もいることには触れず、ことさらオーストリアの「最後の職人」を強調したことは事実だ。

 番組のホームページには問い合わせや抗議が寄せられており、同局も「世界からチター職人がいなくなり、チターが消えてしまうと錯誤された方がいたことは残念で、真摯に受け止めている」。同局が火をつけた“チター滅亡論”はいまでも、クラシック関連など複数のブログで独り歩きしている。

全文
http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/071027/art0710271930004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/071027/art0710271930004-n2.htm
スポンサーサイト



「週刊少年マガジン」の発行部数が激減 98年の425万部から今年(10月現在)は183万部へ

1 :依頼167@う~ぽん。φ ★:2007/10/27(土) 22:06:59 ID:??? ?2BP(1931)
1997年に「週刊少年ジャンプ」を抜き少年誌として日本最大の発行部数になった「週刊少年マガジン」の発行部数が激減している。

トーハンの調べによると、98年が425万部と、この10年間最大だったのに対し、02年に300万部となり、「週刊少年ジャンプ」の320万部に抜かれた。

05年は250万部、06年は215万部に減少し、07年10月現在の発行部数は講談社のホームページによると183万部になっている。


ニュースソース
http://news.www.infoseek.co.jp/business/story/20071026jcast2007212603/
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝