FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

「(教科書検定への)政治介入やめろ」「11万人の参加者数はでっち上げ」沖縄県庁に批判メール相次ぐ

1 :ぽこたん( ・∀・ )φ ★:2007/10/10(水) 20:11:52 ID:???0

 沖縄戦の住民集団自決の記述から「日本軍の強制」を削除した文部科学省の教科書検定に抗議する沖縄県民大会後、同県庁に「沖縄バッシング」の電子メールや電話が相次いでいる。一方、沖縄側にも「政府」ではなく「本土」への感情的な批判が交じる。歴史認識をめぐる、「本土」と「沖縄」という二つのナショナリズムの対立に危ぐの念を抱かずにはいられない。

沖縄県知事公室によると、九月二十九日の大会直後は批判の電子メールや電話が1日に三十件以上あった。その後も連日十件以上寄せられている。大半が匿名で県外からと見られるという。主催者発表の参加者数十一万人は「でっち上げた数字だ」と指摘や大会に参加した仲井真弘多知事に対して「政治介入はやめよ」という批判、「予算の六割を国の補助金に頼っている分際で」「沖縄のクズども」などのひぼう中傷もある。

また、インターネット掲示板「2ちゃんねる」では「即刻、沖縄を米国に返還し『生かさず殺さず』活用すべきだ」など、さらに感情的な書き込みが目立つ。県幹部『集団自決のことをもっと勉強して欲しい、心ない批判が多い」と嘆く。確かに大会参加者数は、政府関係者によると沖縄県警調べで約四万人という情報(県警は公表を拒否)もある。四万人だったとしても、県民の怒りの大きさを示す数字の意味は揺らがない。むしろ気になるのは、沖縄社会を包む一様な空気だ。

県民大会では、仲井真知事職員に参加を促し、県教育長も県立学校長らに呼び掛けた。那覇市は公費(約四十万円)で参加者の送迎バス十台を借り切った。沖縄在住の芥川賞作家、大城立裕氏(八二)は「異論を許さない雰囲気に危うさを感じる」と指摘する。そして、大会前、地元紙の一面に地元ライターのこんなインタビューが載った。

<日本(政府とそれを「支える」日本人)には謝罪と「もう二度と『 集団自決』を強要しない』との約束、実現、保証を求めていく>

本土も沖縄も、互いを挑発するかのような過激な主張は若い世代に多いようだ。ナショナリズムの対立はとにかくエスカレートしがちだ。今回の検定問題の本質を見据えた冷静な議論が求められる。 (那覇支局・中島邦之)

西日本新聞2007年10月10日紙面
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5841.jpg
www.dotup.org5841.jpg
スポンサーサイト



[ 2007/10/10 22:42 ] 時事 | TrackBack(0) | Comment(4)

「今も時々あなたのことを考えます。」 「おさげの元同級生」かたるマルウェアにご用心

1 :窓際店長見習φ ★:2007/10/10(水) 10:04:42 ID:???0 ?PLT(15579)
 音信不通だった高校時代の同級生を装ったメールで感染を広げようとするマルウェアが出回っているとして、英セキュリティ企業Sophosが注意を呼び掛けている。

 このメールは「アン・バーンズ」という若い金髪のおさげの女性からのメッセージを装っている。アン・バーンズは高校時代の同級生と名乗り、「今も時々あなたのことを考えます。授業中にこっそりおしゃべりしたこととか……」など甘い思い出話をして、彼女のホームページと称したURLをクリックさせようとする。URLをクリックすると、個人情報を盗むトロイの木馬がインストールされる。

 「受信者は寂しさや下心、あるいは単に好奇心からリンクをクリックするかもしれないが、そうしたらハッカーの罠にはまる恐れがある」とSophosの上級テクノロジーコンサルタント、グラハム・クルーリー氏は言う。同氏は、最近女優のヌードをエサにしたウイルスメールが出回っていることに触れ、「下半身で求めるのではなく、頭で考える必要がある」と忠告している。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0710/09/news089.html

330ミリリットル1200円のウーロン茶発売へ

1 :谷岡@北海道愚民φ ★:2007/10/10(水) 02:24:13 ID:???
※元記事は9日配信です

 サントリーと茶葉輸入、販売のルピシア(東京)は9日、中国で皇帝に献上されたという高級ウーロン茶「大紅袍(だいこうほう)」を数量限定で発売する、と発表した。飲料は330ミリリットル瓶入りで1200円、茶葉は25グラム缶入りで5000円(いずれも税別)。

 ウーロン茶の高級嗜好(しこう)品としての側面をアピールし、市場活性化を図るのが狙い。ルピシアの店頭や両社の通信販売で売り出す。

 大紅袍は、中国福建省で作られる希少価値の高い「四大岩茶」の一つで、口の中に広がるランの花のような香りと力強い余韻が特長。清の時代、このお茶を飲んで科挙の試験に首席で合格した青年が、紅袍(赤い上着)をこの茶木に感謝を込めて掛けたことが、名前の由来の一つという。

 四大岩茶の「鉄羅漢(てつらかん)」「水金亀(すいきんき)」「白鶏冠(はっけいかん)」の茶葉も発売する。
いずれも25グラム缶入りで3500円(税別)。セット販売もする。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071009-OHT1T00171.htm

スポーツ報知(報知新聞)
http://hochi.yomiuri.co.jp/

サントリー
http://www.suntory.co.jp/
世界のお茶を扱う通販サイト_ルピシア
http://www.lupicia.com/
共にリリースは見付ける事が出来ませんでした

関連?スッドレ
【飲料】ポッカ、品川女子学院とコラボの桃香る烏龍茶「桃恋茶」を関東エリアで発売 [07/09/05]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1189091352/

速度違反:路線バスが27キロ超過 川崎

1 :瓦斯φ ★:2007/10/09(火) 21:57:34 0
川崎市は9日、路線バスを営業運転中にスピードの出し過ぎで検挙された同市交通局塩浜営業所(同市川崎区)所属の男性運転手(49)を停職10日の懲戒処分にした。

同局によると、運転手は8日午前10時40分ごろ、川崎区千鳥町6の川崎港海底トンネル入り口付近の市道で川崎駅発ダイワコーポレーション前行きの路線バスを運行中、時速50キロの制限速度を27キロオーバーし、神奈川県警の覆面パトカーに検挙された。乗客3人が乗っていたため、県警の許可でそのまま運行し、乗客を降ろした後、事情聴取を受けた。反則金は2万5000円で、運転手が個人で払うという。免許は3点の減点。

現場は直線の下り坂で、スピードが出やすいため、同局は注意を呼びかけていた。バスの運行はダイヤ通りで急ぐ必要性はなく、運転手は「速度管理のミスで不注意だった。申し訳ない」と話しているという。

路線バスが運行中に速度超過で検挙された例は札幌市などにあるが、全国的にも珍しい。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071010k0000m040121000c.html
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝