FC2ブログ

未定なブログ

未定の人が適当にニュースやらネタを貼り付ける場所です。
2006 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 02

「盧武鉉大統領の国政運営に不満」…80%超える

1 :エマニエル坊やφ ★ :2007/01/11(木) 20:53:10 ID:???
◇世論調査:「盧大統領の国政運営に不満」80%超

(画像)
http://japanese.chosun.com/site/data/img_dir/2007/01/11/200701110000552insert_2.jpg

朝鮮日報が韓国ギャラップに依頼し、9日に全国の成人703人を対象として実施した電話世論調査の結果、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が国政運営を「うまくやっていない」との評価が就任以来初めて80%を超えた。

今回の調査結果によると、盧大統領の国政運営に対する評価は、「うまくやっている」13.4%、「うまくやっていない」80.1%、「普通」2.9%、「分からない・無回答」3.6%だった。

昨年の12月26日から27日にかけて行われたギャラップ調査と比較した場合、盧大統領に対する肯定的な評価(前回12.3%)と否定的な評価(前回79.3%)がそれぞれ少しずつ上昇している。

歴代大統領の支持率を見ると、金泳三(キム・ヨンサム)元大統領や金大中(キム・デジュン)前大統領の在職中には、ギャラップ調査で否定的評価が80%以上を記録したことは1度もなかった。通貨危機に陥った金泳三元大統領の場合でも、否定的評価の記録は任期末の78.1%が最高だった。また、金大中前大統領の場合は、否定的評価が最も高かったのは退任直前の56.3%だった。

盧大統領が国政運営を「うまくやっていない」との評価は、20代75.7%、30代77.9%、40代 81.1%、50代以上83.9%と、全世代で70%台から80%台を記録した。地域別で見ると、光州・全羅道が73%と最も低く、大邱・慶尚北道が 87.8%と最も高かった。

一方、政党支持率では、野党ハンナラ党が52.1%の支持率を獲得し、ギャラップ調査におけるハンナラ党の史上最高値を記録した。続いて与党ヨルリン・ウリ党11.4%、民主労働党10.7%、民主党4.8%の順だった。

また、「ウリ党と民主党、高建(コ・ゴン)元首相が参加し、統合新党を結成したケース」を想定した支持率調査でも、ハンナラ党(53.9%)の支持率が統合新党(18.4%)の支持率を3倍近く上回った。

与党圏が推進している統合新党に対する予想支持率は、昨年11月のギャラップ調査(23.9%)に比べ、5.5ポイント下落している。

ソース:朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/01/11/20070111000055.html

依頼
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167882145/462

200701110000552insert_2.jpg

スポンサーサイト



[ 2007/01/11 21:25 ] 朝鮮 | TrackBack(0) | Comment(0)

毎日新聞の特集・ネット君臨、「炎上」が生じるメカニズムをただ「悪意」に帰してしまうのは一面的な分析 産経新聞・磨

1 :春デブリφ ★ :2007/01/11(木) 18:22:09 ID:???0
★【磨】毎日新聞「ネット君臨」考

 毎日新聞の新年企画「ネット君臨」が話題を呼んでいる。特に元日朝刊の連載第1回では、匿名掲示板「2ちゃんねる」で起きた「祭り」と呼ばれる現象を紹介。「匿名 群がる悪意」という見出しのもと、1~3面を費やして批判している。 この記事をめぐり、当然ながら同掲示板では大量の反論が書き込まれるなど大反発。記事の中で批判的に描かれた男性は、取材時のやりとりや記者の実名を公開して応戦する騒ぎになっ
ている。

 掲示板での反論は、当事者の対応の拙さについては触れない一方的な書き方だという不満が大勢のようだ。「祭り」の一例として示された難病児募金の件は、自分も観察していたが、たしかに情報公開という点で不信感を抱かせる対応だったのは否めない。ブログを「炎上」させられた主婦の件も、そこに至った経緯は検討されてしかるべきだろう。「炎上」が生じるメカニズムを、ただ「悪意」に帰してしまうのだとすれば、それはかなり一面的な分析といえる。

 記事では「ネットでは住人たちが一つの話題に群がり、ときに『悪意』が燃えさかる。彼らはそれを『祭り』と呼ぶ」としているが、「祭り」とされる現象にあるのは「悪意」だけではない。古くは湘南海岸のゴミ拾いオフや、放火で焼けた折り鶴を広島平和記念公園に届けた「折り鶴オフ」、近くは経営難に陥った銚子電鉄を支援する「ぬれ煎餅祭り」など、「善意」と呼んで差し支えない祭りも、いくつも存在している。ネットでしばしば起きる「祭り」を、善意や悪意といったレベルで都合よく別の現象として解釈してしまうのは、的を外した理解だろう。

 この連載は今後も続くとのことで、まだ評価を下すのははばかられるが、書きようによってはもう少し長い射程も持ち得た話だろうに、という思いはある。今後、より多角的な議論が展開されることを期待したい。

■ソース(産経新聞・iza)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/34551/
■関連スレ
【毎日新聞特集・ネット君臨】多くの人がインターネットの恩恵を受けるためにはどうすればいいのか、と問いかけて第一部完
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168399658/
[ 2007/01/11 21:15 ] その他 | TrackBack(0) | Comment(0)
ページ最上部へ

未定なヘッドライン
プロフィール

未定の人

Author:未定の人
2chで気になった三面記事を紹介。



相互RSSをご希望の方は、以下まで連絡を。コピペブログ系であれば、たぶん断りません。

mitei_blog_mail★yahoo.co.jp
★を@に変更してください。

記事・コメントに関してのお問い合わせは必ず投稿日とURLを記載してください。でないと対応できません。

宣伝